ホールに設置してあるデータカウンターには
前日最終のヤメゲーム数が
見れるお店や見れないお店

そして今回お話する
朝一0回転時のみ前日のヤメゲーム数が表示される
データカウンターなどがあります。

今回お伝えするデータ機の特徴は?

データカウンター

画像引用元:http://kimajime-yukky.com

朝一の0Gの時のみ
前日最終のヤメゲーム数が分かる
データカウンターがあります。

他のデータカウンターであれば
朝一の開店時は
回転数が表示されるところに
「0G」と表示されています。

しかし今回のデータ機は
朝一の開店時に
回転数が表示されるところに
前日最終のゲーム数が表示され
なおかつ点滅します。

そして1G回すと
前日最終のゲーム数が消え
データ機に「1G」と表示されます。

分かりにくいと思うので
具体例を挙げたいと思います。

前日265Gヤメの台があったとします。

朝一ホールに入ってみてその台を見てみると
ゲーム数のところに前日のヤメゲーム数である
「265G」が表示されていて
なおかつ点滅しています。

朝一1回転回すと
点滅で表示されていた「265G」が
実線で表示される「1G」に変わります。

そして2G,3Gと回していくと
普通通りにデータ機も実線で「2G」「3G」と表示されます。

このデータ機の実用例?

黒バラ軍団のジロウさんの実践動画内で
この手のデータ機のお話が出てきたので
ご紹介したいと思います。

3分14秒~3分47秒あたりですね。

直接YouTubeからご覧いただく場合はコチラ

朝一1G回す意図とは?

sponsored link

ガックンチェックが効かない機種でも
若いお客さんが朝一1G,2G回していて
凱旋に関しては前日300G以上の台のみ
回されています。

その理由としては
朝一1G回すと前日最終ゲーム数が分からなくなるので
前日のヤメゲーム数が見れない状態にすることで
ハマっているゲーム数を気にせずに
他のお客さんに回してもらうことができるからだと思います。

そうすることで
宵越しやリセットでおいしい台が
拾いやすくなるということですね。

どれだけの効果があるかは
ホールの客層次第だと思います。

お客さんの中には
朝一1回転だけ回してヤメてある台に対して
何となく嫌な感じがして避ける
という方もいますからね。

〇〇〇G以上ハマっている台だけは1G回すとか
天井短縮形などの特定の機種だけは1G回すとか
少数台構成だけは1G回すとか
そもそも1Gも回さないとか
対応の仕方はいろいろやり方はあると思います。

やった方が効果があるかも
と思う方はやってみる価値があるかもしれません。

1G回したりしないという方も
ガックンが効かない機種で
朝一1G回しているライバルの意図として
前日のヤメゲーム数を消そうとしている

ということは知っておかないといけないかな
と思います。

兼業にとっては嬉しいデータ機?

歩くサラリーマン

サイトセブンなどで
前日の最終ヤメゲーム数が見れないホールや
そもそもサイトセブンに登録していないお店だと
基本的には下見をしないと前日のヤメゲーム数がわかりません。

しかし
朝一0Gの時のみ前日最終が見れるデータ機だと
開店してから前日のヤメゲーム数を全台メモれば
下見をしたのとほぼ同じ情報を得ることができます。

もちろん過疎店では
かなり目立ちますけどね笑

兼業の方で時間がなくて下見ができないけど
ライバルもいて大変という状況なら
このようなデータ機を活かして
朝一データを収集してから稼働すると
宵越し狙いの効率は上がると思います。

パチスロ兼業向け記事一覧へ