2017の今が
甘くて狙いやすい稼ぎやすい機種の特徴
についてです。

今回は具体例を挙げますが
その機種がなくなってしまっては
数年後などに応用できないので
できればその後の一般論の話を
見ていただければと思います。

今が甘い?

例えばこの機種です。

忘れてた…

という人もいるかもしれません。

サザンアイズ

画像引用元:http://slogati.com

もし
サザンアイズのことを
知らない方がいらっしゃいましたら
3×3EYES(サザンアイズ)~聖魔覚醒~の設定Cとは?
をご覧ください。

一時期
設定Cという存在が
かなり話題になりましたが
その後そこまで騒がれなくなりました。

その結果
ここ最近では
このようなことが起きているホールは
結構あります。

サザンアイズ 設定C

設定C濃厚ですが
朝一から回っておらず
5000回転未満です。

その上
次の日は

サザンアイズ 設定C 据え置き

据え置き濃厚ですし
5000回転程度しか回っていません。

このホールでは
ガッツリ狙っている人がいないことが分かります。

サザンアイズは
毎日打つほどではないですが
ピンで稼働している時は小回りが効くし
設定Cを入れてくれるお店が1店舗でもあれば
打つ台がない日に打ったりできるので
安定感が増すと思います。

サザンアイズの
穴場ホールの見つけ方に関しては
↓こちら
サザンアイズ設定Cの感想と穴場ホールの探し方【動画付き】

後はリノとかも
前はラムクリの新台状態がおいしいと
かなり話題になりましたが
一過性のものでした。

今であれば
皆の意識がそこまでリノに向いてないので
連チャン中に閉店を迎えて
お店側もわざわざ対策することなく
朝一狙えることもあると思います。

流行を把握する?

sponsored link

上記が
今だからこそ狙える機種の具体例で
ここからは一般論の話です。

特徴的な機種に関しては
流行が長いものと短いものが
あると思います。

例えば
バジリスク絆は
機械割119%という特徴がありますが
設定狙いとして長期間打たれていて
流行としては長いものだと思います。

もちろんスロットの歴史
という長い目で見てしまうと
バジリスク絆の流行も
短いものになってしまいますが
あくまでここ最近の話です。

凱旋は
リセット恩恵で天井が1000Gになる
という特徴がありますが
ハイエナでかなり打たれていますし
流行としては長いものだと思います。

しかし中には
サザンアイズの設定Cのように
一時期騒がれたけど
ある程度時間が経って薄れるような
流行の短いものがあります。

もうほとんど
バラエティにしかありませんが
パトレイバーのガチャストック狙いとかも
流行としてはかなり短かったです。

流行が長いものに関しては
店内で打つ機会が多かったり
他の人のブログ内で見る機会が多かったりで
目に触れる機会が多い分
ライバルも多いです。

しかし
流行の短いものに関しては
ライバルが少ない状態を作り出せる時が
短いスパンに2か所あると思います。

流行前と流行後?

トレンド

これは
適当に書いたグラフですが
青色の曲線が台に対する話題性であったり
ライバルの人数を表しているつもりです。

流行であれば
誰も知らない時期
⇒徐々に話題になる時期
⇒かなり話題になる時期
⇒徐々に話題にならなくなる時期
⇒忘れられる時期

という流れがあると思います。

となると

トレンド

まず最初に
あまり話題になっていない時期や
解析情報が広まっていない時期

ライバル不在で狙える可能性は
非常に大きいと思います。

そしてその次がもちろん

トレンド

一度ピークを達した後に
どんどん時間が経過していくと
目にする機会が少なかったり
話題にならなかったり

忘れてしまっている人もいるので
狙える可能性が高い
と思います。

サザンアイズなどは
まさにこんな感じじゃないかなと思います。

全体の流れを俯瞰で見てみて
どういう風に動いてみるか考えてみると
結構面白い気がしますね。