バジリスク絆設定狙いにおいて
設定判別は非常に難しい部類だと思います。

今回は
気付いたら低設定を長く打ってしまう
なかなかヤメ時・見切るタイミングがわからず
ずるずると打ち続けてしまう

という方に向けて
バジリスク絆の低設定を早く見切る方法について
お伝えしたいと思います。

低設定を速攻で見切る?

バジリスク チャンスボタン

画像引用元:http://www.sanspo.com

バジリスク絆を設定狙いで打つ際に
低設定をできるだけ早く見切る方法
低設定を打ってしまうリスクを回避する方法について
動画を撮りました。

専業レベルの方であれば
ハッキリ言って参考にはならないと思いますが
特に兼業さんであれば
意識してほしい部分です。

直接YouTubeからご覧いただく場合はコチラ

動画で出てきた天膳BCについて

ライバル差別化Project

1から月20万を目指すスロットの基礎

動画の説明

sponsored link

動画と同じ内容ですが
軽くポイントだけを文章でもまとめたいと思います。

動画を全て見た方は
同じ話の繰り返しになりますので
ご了承ください。

3種類のBCについて

バジリスク 赤同色BC

画像引用元:http://slotkaku.com

BCには
弦之介・朧・天膳
の3つがありますが
設定狙いのときであれば
用途に合わせて3つを使い分けることが
できます。

天膳BCについて

天膳BCは
奇数・偶数の判別スピードが
圧倒的に早いです。

早い段階で
奇数か偶数かを知りたい状況であれば
積極的に使っていけると思います。

天膳BCについては
特定状況下での天膳BCの使い方
をご覧ください。

弦之介BCについて

設定狙いにおいて
1番使う頻度の高いBCだと思います。

確定演出があるため
バジリスク絆の鬼門とされる
設定4・6の確実な判別が出来る可能性があります。

しかし
弦之介BCを使って早い段階で
低設定を見抜くことは難しいです。

そのため弦之介BCは
高設定を判別できるというメリットがある反面
低設定の判別スピードが遅れる可能性があるので

注意が必要だと思います。

朧BCについて

モード+チャンス目の関係性を利用することで
低設定をできるだけ早く見切れる可能性があります。

チャンス目を引いた場合
例えば設定6であれば50%でモードUPします。

朧BCを使って
半月+チャンス目2回引いた状態で
ATに当選しなかった場合は
設定6の可能性は極めて低くなります。

モードCの状態でチャンス目を2回引くと
設定6であれば約75%でモードD以上に滞在しますし
仮に2回とも50%を外してモードCのままだったとしても
設定6であればATに繋がる可能性が高いです。

そのために
半月+チャンス目2回でATに繋がらなければ
設定狙いとしてはヤメてもOKだと思います。

半月+チャンス目3回以上でATに当選しなければ
圧倒的に設定6の可能性は低いのでヤメるべきです。

また
半月+チャンス目1回でATに当選しなかった場合も
設定6の可能性は結構下がってくるので
周りの状況や他の判別要素と押し引きして
やめるか続行するかを決めた方が良いと思います。

ちなみに
半月が出た段階でAT当選まで打っても
ハイエナ的な期待値はあるので

半月+チャンス目2回でATに当選しなかった場合は
その時点で設定狙いとしてはヤメて
ハイエナとしてAT当選まで打ち切り
AT後にその台を打つのをヤメることを
オススメします。

朧BCは
高設定の判別をするのは難しいですが
低設定を素早く見切って回避できる可能性があります。

まとめ

どのBCを使った方が良いかは
本当に状況次第です。

基本的には
設定狙いであれば弦之介BCが優れています。

しかし
いつも低設定を長く打たされてしまう
という方であれば
朧BCも意識して見た方が良いかと思います。

バジリスク記事一覧へ

パチスロ兼業向け記事一覧へ