そもそものボーナス確率が軽い
クランキーセレブレーションについて
低設定でも高設定っぽい合算になりやすいのか
についてお話していきたいと思います。

4段階設定のため
中間設定がないので
高設定だと思っていたけど低設定を打たされていた
ということはできるだけ避けたい機種です。

クランキーセレブレーションのスペック

クランキーセレブレーション スペック

ボーナス合算だけを見ると

設定1・・・1/135.1
設定2・・・1/128.5
設定5・・・1/119.6
設定6・・・1/107.8

という風になっています。

各設定の各回転数による合算期待度

クランキーセレブレーション

画像引用元:http://slot-expectation.com

今回は
各設定のボーナス合算が
設定5より良くなる確率
設定6より良くなる確率

各回転数毎にまとめてみました。

合算が設定5の数値より良くなる確率

クランキーセレブレーション 設定5

合算が設定6の数値より良くなる確率

クランキーセレブレーション 設定6

4段階設定の特徴

sponsored link

4段階設定の機種は
上2つ(設定5・6)とか
下2つ(設定1・2)という言葉の使われ方をします。

ホールによっては
こういう機種に上2つを使わない
というところも必ずあります。

そもそもこういう台は
マニアックなお客さんや
ヘビーユーザーが多いことや
設定1でも技術介入次第で機械割が100%を超える
という魅力があることから
高設定を使わなくても
ある程度打ってくれる人がいます。

また
ボーナス確率に
そこまで大きい差があるわけではないので
ハナビ同様に低設定でも
合算が良くて高設定っぽく見える

という現象が良く起きます。

そういう台を
後ヅモという形で打ってくれる人もいますからね。

もう一度上記の表を使いますが

クランキーセレブレーション 設定5

例えば
クランキーセレブレーションが
4台~5台構成のホールがあり
仮に全台設定1だったとしても
5000G回したくらいであれば
その中の1台くらいは
ボーナス合算が設定5の数値よりも上回ります。

4台~5台あって
5000回転で合算が良いとなると
上2つあるんじゃないか
と思ってしまうユーザーも多いかと思いますが
ふたを開けてみたら全台設定1
っていう可能性も十分にあり得てしまいます。

設定1でも機械割が甘く
そこまで大きく負けることも少ないため
何となく高設定をツモれている感
が出てしまいやすいです。

機種単位で設定が入るとか
全台系とか
根拠がある時に朝一から攻める場合
問題ないとは思うのですが
台数が多くて合算が良くて回転数も回っている
という台の後ヅモ設定狙いに関しては
ご注意ください。