パチスロで勝つ為の
具体的な手段としては
「設定狙い」と「ハイエナ」
の2つがあると思います。

設定狙いから始める方もいれば
ハイエナから始める方もいて
両方同時に始める方もいると思います。

ちなみに僕は設定狙いから入り
時代と環境に合わせて
ハイエナも覚えていって
設定狙いオンリーの時期
ハイエナオンリーの時期を経て
今現在は兼用に至るって感じです。

近年では、ハイエナが安定して勝ちやすく
スロットを始めてすぐに結果が出やすいため
ハイエナから勝つ立ち回りを覚えた方も
比較的多いと思います。

今回はハイエナからスタートして
設定狙いを覚える方に向けての記事です。

ハイエナと設定狙いの共通点


札のグラフ

例えば天井狙いというのは
天井に近く、最悪の場合天井で当選する
という保険をかけて
決まったゲーム数から打ち始めて
当選後に決まったゲーム数でやめます。

そうすることにより
打ち続ければ負けると言われる設定1であっても
部分的にプラスの期待値を積み上げることによって
勝てる行為になっています。

ゾーン狙いなども
設定1ではありますが
簡単に言うと当たりやすいところを
ピンポイントで狙い打つことにより
期待値を積み上げる行為です。

そして設定狙いも同様に
機械割が100%を超える台を
打ち続けることによって
1G1G期待値を積み上げる行為です。

結局スロットで勝つ為の行為は
「期待値を積み上げる」ということでは
必ず一致します。

それは
「ハイエナ」と「設定狙い」
の共通点です。

「期待値を積み上げる」を掘り下げる

ハイエナと設定狙いの共通点である
「期待値を積み上げる」ということを
少し細かく考えてみます。

期待値を積み上げるって
結局は何をしているかというと
いかに投資を抑えて初当たりを引くか
ということをしています。

パチスロは投資から始まるので
勝つ為にはどうすれば良いかというと
他の人よりいかに投資を少なくして
初当たりをどんどん稼いでいけるか
ということが大事ですよね。

ハイエナにあって設定狙いにないモノ

sponsored link

ハイエナっていうのは
その行為自体が
「投資を抑えて初当たりを引く」
ということになっています。

つまり自分の意志と関係なく
ハイエナをしていれば
勝手に「投資を抑えて初当たりを引く」
行為が出来てしまうんですよね。

設定狙いにおける
投資を抑えて初当たりを引くっていうのは
低設定をいかに早く見切り
高設定をいかに長く打つか
ということなのですが
設定狙いという行為自体には
「投資を抑えて初当たりを引く」
ということが含まれていません。

つまりは自分自身で意識して
低設定を打つゲーム数を少なくして
高設定を打つゲーム数を長くするかを
判断していく必要があります。

ハイエナスタートの方は
意識して「投資を抑える」
ということに慣れていないので
低設定濃厚になっても
たった1つの判別要素が設定6より良いから
「もしかしたらあるかもしれない!」
という感じでリスクのある投資をしがちです。

もちろんそれが高設定かもしれません。

でもリスクが高すぎる場合
少ない可能性にかけるよりは
投資を抑えてリスクを回避し
できるだけ確実性の高い台
つまりは投資すべき台に投資し
長時間打ち続けることで
成果は出てくると思います。

為替 天秤

設定狙いは
毎回100%設定6に座れる人もいませんし
設定6を100%見極められる人もいません。

設定1を打ってしまうことも
設定6を捨ててしまうこともあります。

それはしょうがないことですし
避けられません。

その上で投資とリスクのバランスを考えると
冷静にヤメ時を判断できるかと思います。

ハイエナスタートの方は
結構見落としがちなので
スロットは投資であり
いかにリスク回避し
投資を抑えて初当たりを引けるか
ということを意識して見るといいと思います。