全国的に今もなお大人気の
ハナビ(HANABI)ですが
ボーナス合算について
なかなか面白い結果が出たので
ここで共有したいと思います。

ハナビ ボーナス合算

ハナビ

画像引用元:http://gakusei2slot.com

設定1・・・1/172.5
設定2・・・1/166.3

設定5・・・1/159.1
設定6・・・1/149.6

合算が設定6よりも上回る確率


ハナビ ボーナス合算

各設定の各回転数ごとの
ボーナス合算が設定6よりも良くなる確率
計算してみました。

ハナビは終日打ったとしても
8000回転前後で終わっている台が
非常に多いです。

例えばですが
8000回転回っていても
全台設定2だったら5台に1台は
設定6の合算よりも良くなってしまいます。

つまり
ハナビが5台設置してあるお店で
全台設定2を使ってくると
その中の1台は設定6よりも合算が良く
なおかつ偶数挙動を示しやすいので
設定6と勘違いしてしまう可能性はあります。

また、意外と設定1でも
回転数に関わらずそこそこ6っぽく見えてしまいます。

毎日1or2しか使っていないホールでも
何日かに1日は高設定を使っている!?
と勘違いしやすいですね。

ハナビが打てる最低条件のお店

ハナビ ドンちゃん

画像引用元:http://slot-expectation.com

ハナビを設定狙いで打つことのできるホールは
BIG中のハズレを以前に確認できた台が
実際に存在するホールに限られると思います。

実際に高設定である5or6を
過去に使っていたホールであれば
ボーナス合算は少しばかり頼りになるかもしれません。

しかしBIGのハズレを
1度も確認できていないホールで
ボーナス合算が極端に良い台があっても
ほとんど打てない可能性が高いです。

もちろんかなり回転数が回っていて
ボーナス合算が良くても打てないです。

実際にお店が高設定を
使っているかどうかを確認する方法は
こちらに記載していますので
よろしければご覧ください。
ハナビの高設定を確実に見極める方法【データ付き】

合算の良い空き台の後ヅモは注意

sponsored link

上記の表のように
合算が良い状態で空いていても
低設定を打たされる可能性は全然あります。

ハナビを打っている打ち手というのは
ジャグラーなどの打ち手に比べると
レベルが高い傾向があります。

目押しが上手だったり
ある程度の知識や経験があるからこそ
ハナビを打っている方が多いです。

ですから合算が良いのに
台が空いている場合は
前任者のレベルっていうのは
絶対に意識しておかないといけない機種だと思います。

合算が良いのに捨てられた場合
小役が悪くて見切られたパターンが考えられるので
ただただ合算が良いから打とうかなー
と思っていると痛い目に合う可能性はあります。

ハナビは低設定でもフル攻略すれば
機械割が100%を超えるので
痛い目に合いにくいと思うかもしれません。

でもハナビの低設定を打たされている時間を
他の立ち回りに使えば
もっと高期待値を積める可能性が高いです。

時間を拘束されるという意味では
痛い目に合うことはあり得ます。

ですから合算を見て打つのは
かなり慎重にすべきだと思います。

合算で判別できないメリット

ハナビ リーチ目

画像引用元:http://suroten.jugem.jp

ハナビはボーナス合算では
設定判別できないし
合算を見て後ヅモもしにくい
ということを言いました。

だけど
合算で判別できないということは
逆に言えば
高設定でも合算が悪くなりやすいです。

打ち手のレベルが高くても
ボーナスがついてこずに
耐えられなくてヤメていく
というパターンもあるので
お店の状況把握ができていれば
合算が悪くても高設定の空き台を
後ヅモしやすいといったメリットはあります。

朝一1000Gハマって
設定6だったというパターンや
5000G回してREG9回しか引けてないのに
設定6だったというパターンも実際にありました。

合算が良くても打てない場合や
合算が悪くても打てる場合が全然あるので
ハナビの合算は上手に利用したいです。