昔のハナハナシリーズ
朝一BETランプ点灯か消灯で
リセット判別することが出来る台もありました
今の台はそのようなことが出来ません。

そこで
ガックンチェックが出来るのかどうか
今回は動画で検証してみようと思います。

ハナハナシリーズのリールガックン

hanahana-gakkun

画像引用元:http://gekiatsu7.com

ハナハナシリーズは
一応ガックンチェックが有効となっています。

もちろんガックンチェックは
店員さんが1G回したりリールを触ったりせず
前日の閉店時と出目が変わっていないのが前提です。

しかし
パイオニア系であるハナハナシリーズは
ガックンしたかどうかが分かりにくいです。

今回は

・ドリームハナハナ
・ハナハナホウオウ
・ニューキングハナハナ
・ドラゴンハナハナ

のガックンチェック動画を集めてみました。

あくまで参考にすべきサンプルとして
見ていただければなと思います。

ドリームハナハナ

ハナハナホウオウ

ニューキングハナハナ

例1
例2
例3

ドラゴンハナハナ

ハナハナ系は分かりにくい

sponsored link

動画を見ていただいたら分かる通り
ハナハナシリーズは
かなりガックンが分かりにくいです。

一応全機種ガックンしますが
あまりあてにすべきではないと思っています。

上げ狙いで打ったとして
朝一1回点目がガックンしなかったからといって
それで据え置きだとは言い切れないです。

同じAタイプで
ガックンチェックが効くことで有名なジャグラーでも
ガックンしなかったからといって
絶対に据え置きだと言い切れるわけではありません。

詳しくは
↓コチラをご覧ください。
ジャグラーのガックンチェックは100%変更を見抜けるわけではない

ガックンチェックは
確かに有効なリセット判別方法ですが

ガックンあり=リセット確定
ガックンなし=据え置き確定

といった
「確定」を意味するものではありません。

もちろん
いろいろなブログ記事や動画にて

「ガックンしたからリセット」
「ガックンしなかったら据え置き」

ということはありますが

ガックンあり=リセット濃厚
ガックンなし=据え置き濃厚

程度にとどめていたほうが良いと思います。

そう思っていないと
リセット判別においてミスがあった時に
立ち回りの軸がブレてしまう可能性があります。

もちろん機種によって
ガックンチェックの信頼度であったり
リール劣化の状態などが異なりますので
全機種同じように捉えないことも大事だと思います。

例えば
北斗シリーズは
通常時も結構リールガックンしますからね。

最後に

slot-lever

ガックンチェックは
あくまでも補佐役というか
目安程度にしておくのが良いと思います。

絶対的な確信をもって
あまりにも信じすぎると
痛い目に遭うかもしれないので
要注意です。