導入日 2016年12月12日
導入台数 約10,000台
SANKYOの新台
パチスロ 涼宮ハルヒの憂鬱
に関する記事です。

4桁上乗せスペックについて
話していきたいと思います。

今作最大の特徴「4桁上乗せ」

涼宮ハルヒの憂鬱 4桁上乗せ

画像引用元:https://chonborista.com
この台の最大の特徴は
3桁乗せは当たり前で4桁乗せも現実的な
「ハレ晴れチャンス」
という上乗せ特化ゾーン。

ハレ晴れチャンスの突入契機は
・ART引き戻し成功時
・ボーナス中の7揃い
・ART中のレア役で上乗せした場合の約20%

となっています。

化物語の倍々チャンスに近い感じで
配当ゲーム数×倍率で上乗せゲーム数を決定します。

配当ゲーム数は基本的には5G~100Gで
突入契機のART中のレア役の上乗せから
ハレ晴れチャンスに突入した場合は
その上乗せゲーム数がそのまま配当ゲーム数になり
最大600Gになっています。

倍率は
・2~10倍を毎ゲーム加算
・最低保証3回
・約50%or75%の継続率管理

となっています。

「ハレ晴れチャンス」の上位版
「超ハレ晴れチャンス」もあるので
爆発契機になる可能性が高いです。

言葉では分かりにくいと思うので
4桁乗せに関しては
PV動画を見ていただければと思います。

めちゃくちゃ面白そう?

sponsored link

PVを見たら

「この台めっちゃ面白そう!」

「めっちゃ出そう!」

と思うかもしれません。

ただし
見ていただきたいのがスペックです。

涼宮ハルヒの憂鬱のスペック

涼宮ハルヒの憂鬱 スペック

最近の主要機種の設定1の機械割は

バジリスク3 → 98.5%
北斗 修羅 → 97.9%
まどマギ2 → 98.5%

という感じです。

涼宮ハルヒの憂鬱は設定1で96.4%なので
かなり辛い印象を受けます。

一般ユーザーからすると
PVではかなり面白そうかもしれませんが
機械割を見る限り何かしらで退屈さを感じたり
イライラを感じる部分が出てくる気がします。

PVとは?

涼宮ハルヒの憂鬱

画像引用元:http://katigumi.net

PVは広告宣伝用に作られている動画ですので
スロットであれば台の魅力をお伝えするのは当然です。

しかしこれは映画のCMと同じで
基本的には1番面白い・1番良いところだけを切り取って
短い時間でも確実に「面白そう!」と思わせて
見に行きたくなるような内容にするように工夫されています。

わざわざつまらなそうなところをチョイスするわけないので
当たり前と言えば当たり前ですよね。

しかし
1番良いところを映し出しているので
面白そうに見えるのは当たり前ですが
それが全てではないことがほとんどです。

PVでは4桁乗せという魅力がありましたが
それが全てかといったら絶対に違うというのが
機械割に表れていると思います。

別に台の批判がしたいわけではないです。

規制が入ってきている中では
かなり夢のある機種だと思うので
ユーザーから見て刺激的な台であることは
間違いないです。

しかし
PVで見た4桁乗せを夢見て
期待値がほとんどないところから
「もしかしたら一撃4桁上乗せあるかもしれない」
と思って天井狙いをするとか
「低設定でも4桁上乗せすれば勝てるからリスクは低い」といった
無謀な設定狙いをする方が出てくるかもしれないです。

どれだけ4桁上乗せに魅力があって
大きく勝てるかもしれないと思っても
期待値や機械割という概念が根底にあります。

そこから外れた
感情的な部分が介入してしまう可能性が高い
と思ったので
今回取り上げました。

特に原作がアニメの台ですので
原作が大好きだけどをスロットでは勝ちを目指している
という方は感情の動きに注意していただきたいです。