2016年10月3日導入日の
パチスロ北斗の拳 修羅の国篇
についてです。

今回は
機械割や導入台数を
他の北斗シリーズと比べてみたいと思います。

北斗シリーズは
スロットのメイン機種になることが多いので
今作も期待大です。

機械割と導入台数の比較

北斗 スペック比較

今作の機械割は
かなり優れています。

最近の台の中では
かなりハイスペックな方だと思います。

修羅の国・強敵・転生を比べたときに
低設定域も高設定域も
他の2機種の機械割よりも高くなっています。

導入台数に関してですが
基本的には初期の導入台数です。

転生に関しては
正確な数値は定かではないですが
増台を繰り返し
販売台数12万台とも言われています。

北斗シリーズで比べると
強敵の約65,000台
ちょっと少なく見えてしまいますが
それでも他の機種に比べると
圧倒的に多いです。

今回の修羅の国に関しては
約80,000台ということで
かなり力が入っています。

大量導入するホールも多そうですし
ホールのメインになること間違いなしです。

初当たり確率比較

北斗 初当たり比較

一見めちゃめちゃ初当たり軽いじゃん!
と思われるかもしれないですが
転生と強敵はAT初当たり確率に対して
修羅の国はA+ARTの初当たり合算確率です。

その点は注意していただきたいのですが
ボーナスとARTがあることで
合算としては軽くなっているので
通常時退屈しにくいという点では
良いんじゃないかなと思います。

修羅の国に期待大

sponsored link

最近の新基準機のコケっぷりを思うと
この状況を打破してくれる可能性のある台だと思います。

今作のゲーム性は
ざっくりいうと
通常時・・・強敵
ART中・・・転生

という感じです。

転生の神拳勝舞のシステムが好きな人や
歴代の北斗シリーズが好きな人にとっては
かなり面白い作品に仕上がっているのではないか
と思います。

さらに
先ほどもお伝えしましたが
A+ARTということで
初当たり合算が軽く退屈しにくい分
楽しみやすいかと思います。

また
機械割のスペックに関しても申し分なく
設定4の機械割が105.4%
設定5の機械割が110.1%

ということで設定6でなくても
そこそこ勝負できる感じです。

設定6の機械割が高すぎると
お店側もなかなか設定6を使いにくいですが
北斗シリーズは大人気なこともありますし
設定6を現実的に使ってくれる機種だと思います。

ただし
導入台数が多すぎるので
ホールにある設置機種が
ガラッと変わる可能性はあります。

僕が大学生の頃に
強敵が導入されたのですが
とあるホールで約80台くらい
大量導入したために
バラエティコーナーが全部潰れた
ということがありました。

一気に状況が変わるホールも
出てくる可能性はあるので
そこで慌てずに
臨機応変に対応する力は必要かと思います。