今回は
ジャグラー生誕20周年を記念されて作られた
アイムジャグラーEX Anniversary Edition
についての記事です。

導入日は2017年3月6日で
導入台数は今のところ分かっていません。

スペックや機械割は?

アイムジャグラーEX AE

画像引用元:http://youtubepachinko.net

アイムジャグラー系ということで…

スペックはいつも通りのようです。
アイムジャグラーEX AE スペック

最近では
非等価地域も増えていることですし
かなりキツいスペックだと感じる方も
いるかもしれませんね。

ジャグラー20周年について

ジャグラー 20周年

画像引用元:http://youtubepachinko.net

1996年に初代ジャグラーが登場し
2016年の12月で
生誕20周年らしいです。

これを記念した新機種が
上記の画像のような

・アイムジャグラーEX プレミアムホワイト
・アイムジャグラーEX プレミアムピンク

のようですね。

また
ジャグラーシリーズ31機種目
その中でも人気のある
アイムジャグラーシリーズの新作です。

アイムジャグラー系
圧倒的に設置台数が多く
2017年1月末の現段階では
パチスロの設置台数ランキングで
ニューアイムジャグラーEXが1位になっています。

だいたい北斗シリーズが1位で
ニューアイムジャグラーEXが2位なのですが
今現在では
北斗の拳 修羅の国篇の台数が少し減り
ニューアイムジャグラーEXが1位になっているようです。

でもなぜジャグラーシリーズは
そこまで人気があるのでしょうか。

なぜジャグラーは人気なのか?

sponsored link

まず最初に
Aタイプで非常にわかりやすい
というところがあると思います。

ジャグラーは
GOGOランプが光ればボーナス確定
ということでわかりやすいですし
目押しがそこまで難しい方でもありません。

だからこそ
客層としては初心者の方からご年配の方まで
非常に幅広いと思います。

しかし
Aタイプの中には
ハナビのような少し目押しが難しい台もあり
客層としては初心者からご年配の方まで
とはいかない台もあります。

また
AT・ART機は
内部的な仕組みが難しかったり
萌えスロのような若者向けの台もあったりするので
ご年配の方向けではなかったりします。

そういった点から
一部ユーザーに受ける台というよりは
幅広いユーザーに受ける台なので

打っている人数が多く
結果として人気の高い機種なのだと思います。

また
Aタイプ特有の中毒性というのも
かなり大きいと思います。

ジャグラーは
シリーズ毎にプレミア演出が変わったり
GOGOランプの位置が変わったりしていますが
根本的にはほとんど変わっていません。

それなのに20年も愛されるということは
Aタイプならではの強い中毒性があるんじゃないかな
と思います。

「第3停止でねじる」を代表とする
いろんなオカルトが試せる部分も
人気の一つのような気がしますね。

時代と共に
新しいものが生まれたり変化する中で
変わらない楽しさを追求したのが
ジャグラーって感じがします。

ジャグラー記事一覧へ