ジャグラーシリーズ
設定狙いをしている方に向けて
一度は考えていただきたいことがあるので
お話していきたいと思います。

気持ち的な部分が強く
自分自身では気付けない可能性もあるので
あえて記事にしようと思いました。

ジャグラーには強烈な中毒性がある

gogoランプ

画像引用元:http://fanblogs.jp/petitmooncat

主にAタイプにおいては共通して言えますが
特にジャグラーに関しては
圧倒的な中毒性があると思っています。

というのも
ジャグラーシリーズというのは
機種はどんどん新しくなっていってはいますが
基本的なゲーム性はほとんど変わっていないです。

GoGoランプが光ったらボーナス確定
これで長年愛され続けています。

普通だったらいつか飽きてもおかしくないです。

それでも何年間もずーっと打つ人もいますし
毎日ジャグラーを打つ人もいます。

ゲーム性は単純なのに
あそこまで人を引き付ける力を持っているので
間違いなく強い中毒性があると思います。

周りの方のお話を聞いていると
会社や学校にいる時
家にいる時や飲みの場などで

ジャグラー打ちてーなー

ペカらせてーなー

ガコッて音聞きてえなー

と思い毎日でも打ちたくなるような
魅力があるようです。

AT・ART機で
毎日毎日この機種を打ちたい
ということはあまり聞かないので
AT・ART機にはないジャグラーの魅力なのかな
と思います。

スロットを打つ目的は?

sponsored link

スロットを打つ目的は
人それぞれ違うと思います。

好きな機種だけを打ってトントンで良いとか
がっつり稼ぎたいとか。

他には
同じ勝ちたいという目標でも
ジャグラーで勝ちたい
と思っている人もいれば
スロットで勝ちたい
と思っている人もいます。

ジャグラーで勝ちたい
と思っている人であれば
打つ機種はジャグラーに限られてくるので
ジャグラーという機種の範囲内で
成果を上げるための努力
が必要になってくると思います。

しかしスロットで勝ちたい
という風に思っている方であれば
自分の好きな機種じゃなくても
勝つためには打たざるを得ない状況が出てくれば
打つことも必要かと思います。

例えばアニメが大嫌いなのに
勝つためにはまどマギやガルパンを
打つことも出てくると思いますし
逆にアニメが大好きだったとしても
凱旋やハーデスばかりを打たなければならない
なんて状況もあると思います。

あなたはどうでしょうか?

ジャグラーが好きで
ジャグラーで勝ちたいのか。

それとも

ジャグラーは好きだけど
勝つために他の機種もしっかり使って勝ちたいのか。

勝ちたいけど打ちたい?

gogoランプ

画像引用元:http://p-kn.com

スロットで勝ちたいけどジャグラーを打ちたい
と思っている場合は
立ち回りに悪影響が出てくる可能性があります。

例えば
ジャグラーで合算が良い台が空いたときに
もともと狙い台だった
前任者が小役カウンターを使ってなかった
左リールバーを上手く狙えていなかった
ご年配の方だった

などという根拠があれば
台の挙動(合算)+根拠
勝つために打ち出せることもあるかと思います。

しかしただ合算が良い台が空いたときに
合算以外に特に根拠はないけど
そこにジャグラーを打ちたいという気持ちが上乗せされて
合算+気持ち
打ってしまう場合があります。

打ちたい気持ちが強い場合は
REGもしっかりついてきているし!とか
合算が悪くなったらすぐやめれば良い!とか
前向きに考える方が多く
打ち出してしまう傾向がある気がします。

ジャグラーを打ちたい方でしたら
それでOKだと思います。

ジャグラーで勝ちたいという方であれば
もう少し工夫を加えればOKになるかと思います。

しかしスロットで勝ちたいのであれば
ジャグラーを打ちたいという気持ちを捨てて
立ち回りを考えてみることも大事かと思います。

そうすることで
立ち回りの幅が広がり
Aタイプ、AT・ART機の中で
できるだけ最善の立ち回りを考え
ジャグラーを打つことが最善だと判断した時のみ
ジャグラーを打つと思います。

ジャグラーを打つことが最善じゃない時は
AT・ART機を打つかもしれません。

さらには
今までジャグラーを気持ちで打っていた時間を
新規ホール開拓に使ったりする
という使い方も可能だと思います。

勝つために打てる台がなくて
大きく妥協したり、打ちたい機種、好きな機種を打つよりは
その時間スロットを打たずに
立ち回りの幅を広げることに使うのも大事だと思います。

スロットで勝つためには
スロットを打つ時間はもちろん必要ですが
打たない時間もスロットに使うということは
必須な気がします。

やはり一般のお客さんで
スロットを打たない時間を
ホール開拓や下見に費やしている方は少ないと思うので

そこで差が生まれて勝てる可能性が出てくるのかな
と思っています。

特にジャグラーは中毒性が強く
成長の妨げになる場合もあります。

しっかりと気持ちをコントロールして
ジャグラーを打つことが自分の中で最善
という方はもちろんOKですが
勝ちたいけど打ちたい気持ちに負けていた
という方は一度考え直してみてほしいです。

ジャグラー記事一覧へ