ジャグラー必勝法攻略法
セット打法ピエロ打法など
いろいろなものが巷に出回っています。

それらはウソなのか本当なのか?
という話から
初心者は何を信じればよいのか?
といった派生した話までぶっちゃけた本質をお話しようと思います。

最後まで読んで納得していただけると
初心者の方でも急成長できる気がします。

そもそもジャグラーの攻略法とは?

ジャグラーボーナス

画像引用元:http://jgjgfun.blog.jp

正直、僕もあまり詳しいことは知りませんでした。

しかし僕のブログが
主に初心者の方をターゲットにしていることがあり
結構初心者の方からジャグラーの誘発打法などを試して
ダメだったみたいな話を聞くので
さすがに取り上げた方が良いかなと思いました。

結局はオカルト的な部分ではあると思うのですが
調べてみた内容としては

・レバーを下から叩く
・ぶどうの後に5分台を休める
・特定の条件下で手入れでコインを入れて回す

とかそういった類のものでした。

その中でも

手入れで8枚入れて
リプレイの場合は次ゲームで順挟み
チェリーの場合は次ゲームで逆押し
ぶどうの場合はMAXBETを押してウェイトをかけて回す

といった超具体的な内容のものもあり
簡単かつ分かりやすいからこそ
何も分からない初心者の方が実行しやすいのかなと思いました。

ジャグラーの必勝法・セット打法などはウソ?

sponsored link

正直
この記事の後半でお話している内容を
見ていただくと分かると思うのですが
誘発打法などはウソ濃厚じゃないかなぁと思っています。

もちろん
僕の周りにそういった方法で
長年稼ぎ続けている人を知らないですし
騙された話しか聞かないというのも加勢しています。

でも
僕自身が実際にやってみて
統計を取ったりしたわけではありませんので
絶対にウソだと100%言い切ることはできないのが事実です

読者の状況次第では絶対にウソだよ
と言うことも多々ありますけど…

逆に僕の中で
長年成果を出している人の中で
「期待値」という言葉を知らない人とか使っていない人はいないな
と思っていますので
もしかしたら期待値以外に勝つ方法があるかもしれませんが
少なくとも期待値という概念は勝つ手法の1つだと思います。

高校数学の内容がかなりピタッと来るので
分かる方だけ見ていただきたいのですが
「期待値」と「スロットで勝つ」ことの関係を考えた時に
僕の中で「期待値」と「スロットで勝つ」は
必要十分条件に近いとは思ってますが
最低限「期待値」は「スロットで勝つ」ための十分条件だと思っています。

お店目線で考えてみる

パチンコ屋

ここから
少しばかり難しい話になってしまうかもしれないので
同じ言葉を何度も使用したり
できるだけかみ砕いて解説しているつもりです。

それをご理解いただいた上で
読んでいただければと思います。

パチンコ屋さんは
ある程度毎月儲かっているからこそ
ビジネスとして成り立っているはずです。

毎月売上が出るということは
そうなる理由や仕組みがあるわけで
お店側が本当の博打であったら何年もお店が続くわけがありません。

ということは
ある程度ホール側に
その仕組みをコントロールする力がないと
継続して経営が成り立たないと思います。

初心者の方がそこでまず思いつくのが
遠隔とかホルコンという話だと思いますが
遠隔は違法で禁止されていますし
通常どのホールも年に数回の
ガサ入れでの立ち入り検査が行われているのが事実ですし
遠隔に対する罰は重すぎますから100%ないとは言い切れませんが
非常に考えにくいです。

〇詳しい話はコチラ↓
元業界関係者に「サクラ・遠隔・裏話」の真相を聞いてきました

そうすると
合法的にお店側がどうやって
毎月利益が出るようにコントロールできるかというと
スロットの設定であったり
パチンコの釘というところにまず気付けると思います。

お店側が利益調節をしているところが
設定であったり釘であると気付けるからこそ
一般ユーザーが勝つために狙うとすれば
少なくとも利益調節できる部分(設定や釘)であるはずです。

では仮に
攻略法・オカルト打法・誘発打法などが
実際に通用するとどうなるかを
お店側から考えてみると…

例えば上記のジャグラーの話で
・レバーを下から叩く
・ぶどうの後に5分台を休める
・特定の条件下で手入れでコインを入れて回す
〇手入れで8枚入れて
リプレイの場合は次ゲームで順挟み
チェリーの場合は次ゲームで逆押し
ぶどうの場合はMAXBETを押してウェイトをかけて回す

などがありましたが
これらが成り立ってしまうと
お店側の利益調節できない部分で勝手に利益が削られてしまいます。

そうすると
毎月安定した売り上げを出したり
何年・何十年もパチンコ屋を安定して経営することはできないはずです。

お店の売り上げ調節が
ユーザーの手によって自由自在になってしまいますから
それが普通であれば今頃パチンコ屋は全部破綻していてもおかしくないです。

しかし厄介なことに
パチンコ・パチスロは人間が作るものですから
欠陥が生じることもあります。

だからこそ
初代ゴールドXのセット打法
ネコde小判のコピー打法など
実際にユーザーの手によって
お店の意図しないところで損失が生まれてしまう

という台が実際に存在しました。

だけどそういった台が出回ると
一気に情報は広まる上に
お店側が利益調節できずに安定した経営が出来ませんから
今まで全て排除されてきているはずです。

では技術介入は
ユーザーの手によって利益変動してるからダメなんじゃないか?
という話になると思いますが
スロットのビタ押し技術介入で例えば設定1で機械割100%超え
という台はホール側も容認している上で導入しているはずですし
それが嫌であれば導入していないはずなので
利益調節の範囲内だと思います。

パチンコの止め打ち・捻り打ちなどの技術介入は少し厄介ですが
確かにお店側が稼げる調節にしているのに
赤字にすることが可能ではあります。

でも結局右打ちで増やされるのであれば
右を削って対応すれば利益調節も可能ではあるはずです。

どちらとも利益調節の範囲内であると思います。

でもジャグラーの誘発打法などは
設定を落としても釘を閉めても
全く関係ない上にお店側が容認していることではないですから
明らかにお店側の利益調節の範囲外です。

そのような方法では
お店がビジネスとして成り立たないので
まずありえない可能性が非常に高いです。

仮に欠陥などで実際に誘発打法などがあったとしても
淘汰していかなければお店が成り立たないので
長く稼ぎ続けることは不可能なはずです。

そして欠陥以外であれば
ゴドのような違法である可能性も十分に考えられます。

利益調節の範囲内か範囲外か

ルール

上記で説明したように
初心者の方は
お店側の利益調節の範囲内か範囲外か
っていうのを考えてみると良いのかなぁと思います。

期待値を意識した
スロットの高設定狙いであれば
お店は設定を下げれば調節できるし
ハイエナであっても
結局は設定1ですのでお店としては利益の範囲内
パチンコの良釘狙いも
釘を閉めれば良いので利益調節の範囲内だと思います。

逆に言うと
お店の利益調節内で勝てる正攻法の部分があるからこそ
パチンコ屋にお客さんが来るし成り立っています。

利益調節の範囲外っていうのは
極端な話スーパーで売っている野菜を
勝手にお客さんが安く出来たり
タダで持ち帰って良いというレベルの話ですから
それではスーパーが商売として成り立ちませんし
タダで持って帰ったら万引きという犯罪ですよね。

それでも
ジャグラーの誘発打法などが気になる方は
自分が「ジャグラー 誘発打法」などと調べてみた場合
上位表示されているものは間違いなく多くの方が知っていて
実際に実践されているはずですですから
これ皆がやってたらお店が成り立たないんじゃないか?
っていう視点が持てると良いかなと思います。

これをかみ砕くと
長期的に勝てる人が1部に限られ
それはほぼほぼ不変であることも分かるかなと思います。

少し難しい話になってしまいましたが
パチンコ屋がなぜ利益を出し続けられているか
を考えてみると
期待値が勝てる理由
誘発打法などは考えにくい理由
あるいは稼ぎ続けることが不可能に近い

などが見えてきますし
これが分かれば初心者の方でも急成長できるかなと思います。