パチンコボーダー理論
・パチンコの潜伏狙い
スロット設定狙い
パチスロハイエナ

などの期待値を意識して
立ち回っているユーザーが
無意識に陥りやすい稼働病ですが
今回はその治し方についてお話したいと思います。

稼働病って何?という方は
↓コチラ
稼働病とは何か?専業・兼業ともに要注意

上記の記事を投稿したところ
「自分が稼働病だと気づいて治したいけど治し方が分からない」
といった問い合わせが殺到したので
今回改めて記事にしました。

今回の最大の焦点

悩み

今回
1番重要なところは
稼働病を『治したいけど』治せない
というところです。

自分が稼働病だと気づいても
特に他にやりたいことがあるわけでもなく
パチンコ・スロットが大好きだからこそ
毎日稼働出来れば幸せであれば
僕は問題ないと思います。

実際本人がそれで最高に楽しいのであれば
楽しい上にお金になるわけですから
何も言うことはないです。

しかし
治したいと思っているけど治せない
と思っている方は少なからずいらっしゃいます。

そうすると
気付いたときにはホールに居たり
家族や友人と居るのに
ホールの状況が気になってついついデータを確認したり
身体を壊しているのにもったいないから稼働したりして
他にやることがあるのに出来ないといった
時間の使い方に支障が出てしまいます。

最終的には
稼働に対する罪悪感が生まれ
次からは稼働を控えようと思っても
2・3日経過したら稼働したくなってしまい
ついつい稼働して再度罪悪感が生まれる
という負の無限ループに陥ってしまう恐れもなくはないです。

パチンコ・パチスロと1度真剣に向き合う

sponsored link

自分は何のために
パチンコ・パチスロで稼働しているのか?

1時間でも2時間でも良いので
1度冷静になって真剣に考えてみていただきたいです。

何となく勝ちたいとか
何となく稼ぎたいとか
そういう風に漠然に思ったことはあっても
意外とパチンコ・パチスロに対して
本格的に時間を取ってまで向き合うことって
なかなかないと思います。

しかしこれは
稼働病だから出来る可能性のあることです。

理由としては
お金が稼げているからこそ
ある程度前向きな悩みで冷静に考える余地があるからです。

これがパチンコ依存症であれば
お金がなくて借金地獄となると
本人は冷静に考える余地すらないと思いますから
真剣に向き合うのは大変なことです。

稼働病であれば
なぜ勝ちたいのか?
いくら稼ぎたいのか?
それは絶対にパチンコ・パチスロじゃないとダメなのか?

自分に聞いてみてください。

例えばサラリーマンの方で
飲み代を稼ぐために月5万円欲しい
という明確な目的があるならば
5万円到達した時点でその月の稼働を終えても良いわけです。

下手したら1日で達成できます。

だけど5万円を達成しても
しっかりと目的を明確にしていないと
もっと稼ぎたい・せっかく稼げるのにもったいない
と思って稼働してしまい
飲み代を稼ぐためにやっていたはずなのに
稼働に時間を取られ結局飲みに行くことすらできない

という本末転倒な状況が生まれてしまいます。

できれば紙に書きだすことをおすすめします。

稼働するのは家族のため?
⇒家族は稼働をどう思っている?
⇒パチンコ・パチスロではないとダメなのか?
⇒毎日稼働する必要があるのか?
⇒土日は家族サービスした方が良いのでは?
⇒稼働は平日だけで良いんじゃないか?

自分のさらなる飛躍のため?
⇒自己投資にはいくら必要?
⇒それ以上の金額を稼ぐ必要性は?
⇒ただお金が欲しいのは不安解消のため?
⇒毎月の収入は維持したいけど自分の勉強もしたい?
⇒打ち子を雇って稼働効率を上げる代わりに稼働日数を下げて勉強時間を作れば良いのでは?

何のためにやっているのか?
真剣に考えて目的を明確にし
自分がどうしたいかを分析していくと
意外と必要なもの不必要なものが見えてきたり
方向性・時間の使い方・目的などがスッキリすることがあります。

僕自身、自己分析をしたことがありますが
書き出してみると思ったより自分のことって分からないもんだな
と思わされました。

それでもダメな方へ

選択

治したいと思っても
なかなか治らないからこそ稼働病という名前が付いています。

重度の症状の方であれば
稼働病を治したいと思っていろいろ考えてみたのだけど
2・3日、経過したらすぐに稼働してしまい
気付いたら結局毎日稼働に後戻り

ということもあると思います。

だけど稼働病を治したいと本人が思うならば
半ば強制的に稼働日数を減らす策を取るしかないと思います。

稼働病を治したい⇒でも稼働してしまう

というサイクルがあるということは
少なくとも「稼働病を治したい」と思う時期・時間帯があるはずです。

その時に
未来の予定をいくつか決めると良いと思います。

そして誰かを巻き込む予定が良いです。

例えば

・来週の日曜日に家族で出かけよう
・上司や先輩と一緒に食事をしよう

そうやってあらかじめ決めていれば
稼働したくなっても自分から誘っていおいて
家族とのお出かけを断れば子供から恨まれるだろうし
上司や先輩を自分から誘っておけば
こちらからやっぱりキャンセルなんてこともできないと思います。

できれば月1イベント年1イベントなどと被せるとなお良いです。

その時になってみると

何でこんなことしたんだろう…
稼働しとけばよかった…

と思うことも最初は必ずあると思います。

だからこそつらいです。

だけど半ば強引にそういったことを
1か月・2か月続けていくと
意外と稼働時間を減らしてもムズムズせずに
生活できるようになります。

人間は本当に慣れの生き物で
安定した状態から変化が起こると
最初は本当にツラいですがそれが続くと
結局変化した状態で安定
意外と平気になります。

最初のキッカケは何でも良いですから
とにかく強制的に稼働できない状況を作れば
荒療治ではありますが何とかなると思います。

最後に

稼働病に対する捉え方は本当に人それぞれで
それだけ熱中しているからこそ
毎日が楽しくてしょうがないという方もいます。

でも中には
それだけ熱中してしまうことにより
逆につらい思いをしてしまう人もいます。

今は毎日楽しくて幸せという人も
いつかのタイミングでつらくなったり
やめるにやめれなくなることもあるかと思います。

自分が幸せになるための行動が
もしかしたら知らず知らずのうちに
自分を不幸にするための行動になっていることがあるんですよね。

本気で稼働病に悩んでいる方は
上記を試していただきもしそれでもダメなら
ご連絡ください。