しばです。

タイトルの通りです( ゚Д゚)

結構前の話なんですけどね。

何かがいつもと違う…

朝一並び順のお店で
イベント日と言えども
平日なら開店1時間ちょっと前に並べば
いつも少なくとも1番になれるので
1時間前にお店に着きました。

案の定誰もいない

と思いきや

お~いお茶


お~いお茶が置いてある。。。

お茶をどかして揉める
っていうパターンが一番嫌なので
そのまま
「まぁ狙い台取れるだろう」
という軽い気持ちで2番で待ってました。

開店30分前に
お~いお茶の所有者が
帰ってきました。

「ここ近辺で1回も見たことない…」
って感じの初めて見る人だったので
クセも読めてないだろうし
「絶対大丈夫だろう」
と思っていました。

ちなみに僕は
一応絆の狙い台が2台
1番候補>>>2番候補
って感じでした。

開店してビックリ…

お~いお茶が
僕の1番候補の狙い台に一直線でした笑

とりあえず
2番候補台をとったものの
予想外の出来事に驚きました。

赤同色BC


お~いお茶が打っている
僕の1番候補台は
僕の3個右だったのですが
偶数より同色も多くて
よさそうな感じでした。

僕の台も偶数っぽくて
謎当たりはあったものの
中間設定っぽかったです。

お~いお茶の台はというと
10000Gフルフルで回して
差枚で+15000枚ほど
持って帰っていました。

設定6確定こそなかったものの
ほぼ設定6で良かったんじゃないかなー
と思いますね。

ここから学んだこととして
かもしれない運転って
あるじゃないですか

あれと同じで
絶対ないだろうなーと
思うことであっても
「もしかしたら〇〇かもしれない」
っていうことは
常に意識しておかないと
いけないと思いました。

初めて見る人とはいえど
その人に第一候補台を取られるかもしれない
ということを考えていたら
狙い台が取られた場合を想定して
立ち回りを入念に練ることが
出来ていたと思うので
結果も変わっていたと思います。

バジリスク記事一覧へ