特に兼業の方であれば
設定狙いをする場合は
朝一から打たれるというよりは
仕事終わりなどに
後ヅモされる場合が多いと思います。

明らかに高設定台も
意外と空いたりするものです。

今回は空くタイミングの1つを
紹介したいと思います。

明らかにプロが打っている場合はNG


パチンコを打つ人

明らかにプロらしき人が
高設定台を打っている場合
閉店近くまで打ち切ることが大半ですので
空く可能性は極めて低いです。

それ以外ならチャンスあり

プロ以外の方であれば
高設定台であっても
意外と途中で捨てられることがあります。

良い挙動を示している台を
打っている人が
知らない間に変わっていた
という経験が何度かあるホールだと
高設定台をヤメられる可能性は十分にあり
自分が拾えるチャンスはあります。

高設定濃厚台が空く理由

sponsored link

我々期待値を意識している側からすると
高設定とわかれば閉店近くまで打ち切りたい
と思うのが普通だと思います。

しかし普通のお客さんからすると
高設定を狙って打っているとしても
良く当たって出たら続けるけど
ノマれたりハマったりするとやめていく
というパターンが意外と多いです。

AT・ART機であれば
ハマって単発が2回くらい続く
空き台になったり
Aタイプであれば
BiG間1000Gハマったり
ストレートで700Gとかハマったりすると
空き台になったりします。

高設定台が空くタイミング


考える人

順調に出てたのに急にハマりだすと
「とりあえずプラスで終わりたい」とか
ノマれて追加投資になったりすると
「流れが悪いからやめたい」とか
精神的にヤメたくなる方が多いと思います。

ハマりだして
何度もデータカウンターを見ている人とか
ドル箱を持ちながら打っている人とか
その人の立場になって考えてみたら
「そろそろやめようかなぁ~」
って考えているかもしれないと
推測ができます。

打っている人の気持ちを考えたら
高設定を捨てるタイミングを
掴める可能性はあります。