バジリスク絆にて
残りベル6回で告知され
設定456が確定したのに
1日打ち切ってマイナス収支。。。

ガルパンの終了画面で
敵隊長の水着画面が出て
設定456が確定し
閉店近くまで打ったのに
負けてしまった。。。

などなど
高設定濃厚ではなく
高設定確定演出が出たのにも関わらず
負けてしまったってことはないでしょうか?

1日打ったという頑張り

ガルパン 456確定

画像引用元:http://www.slopachi-quest.com

せっかく高設定確定が出たから
1日ぶん回したのに負けると
めちゃくちゃ悔しかったり
イライラしたりしませんか?

おそらくそれは
1日頑張ったのに…
という気持ちがあると思います。

天井・ゾーン狙いなどのハイエナは
基本的に1台あたり数十分~1時間程度で
終わりますよね。

天井まで行って単発で終わって負けてしまい
悔しいと感じる方もいるかもしれませんが
費やした時間が設定狙いとは全然違います。

朝早くから並んで台を取り
夜まで打ち切ったのに
あんなに頑張ったのに
マイナス収支…

発狂したくなるかもしれませんね笑

対処法

sponsored link

今回は高設定台を打って負けた時の
2つの対処法をお伝えしようと思います。

期待値で考える

チャート

1つ目は期待値で考えるってことです。

例えばガルパンの設定456確定台で
内部的な本当の設定が4だったとします。

ガルパンの設定4の機械割りは104.5%ですので
等価で時給が2000円以上になります。

ガルパンの設定4を打って
時給2000円を大幅に上回ることもあれば
今回のように
時給がマイナスになってしまうこともあります。

そういうものの平均が期待値ですので
「今日もしっかり期待値が稼げた」
と前向きになれるとイライラしたりしないです。

まぁ機種によっては設定4濃厚で
やめるかどうかは人それぞれといったところですが…

パチスロで勝つ為の正解というのは
期待値を積み上げる
ということでしかないです。

高設定確定台を打ったことが
パチスロで勝つ為に間違ったことですか?
と言われるとそうではないはずです。

逆に高設定確定台をやめるほうが
パチスロで勝つ為に
間違った行動ですよね。

パチスロは確率に支配されているので
どれだけ良い台を打てていても
1日単位では大きく下ブレしてしまうこともあります。

でも自分は勝つ為に
正しい行動が出来ている
ということを理解することが大事だと思います。

もし高設定確定台を打ち切って負けた場合
「あの機種高設定でも出ないから次から打たない」
とか思ってしまうと
期待値を意識した立ち回りとして
最悪の結末になりかねないです。

もし次にその台に高設定が入っている時に
「あの台は打ちたくないから狙わない」
と本末転倒な結果になりえます。

期待値で考えていれば
大きく負けたとしても
その機種を嫌いにならないから
次からもしっかり打つし
次の日からも平常心で稼働できます。

だからこそ期待値で考える人は
ブレずに期待値を積み続けるので
大きく稼げると思います。

酒のつまみにする

居酒屋 ビール

2つ目の対処法は
飲みの場での“話題”にすることです。

期待値で考えるっていっても
どうしても負けてしまったら悔しいし
腹立たしい方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は飲みの場で
スロット友達などに
お酒を飲みながら話すことを考えましょう。

高設定確定台を打って負けた時に
「はぁ、、、負けた。ありえねぇわ。ふざけんな。」
とマイナスの感情を持って
イライラした状態が続くようなら
「高設定で負けた笑 これは面白いネタが出来た。あいつを飲みに誘って話してやろうw」
と楽しい方向に持っていける方が
絶対に得だと僕は思います。

イライラしていたら
他の事に支障が出かねませんし
ご飯もおいしくないですし
何より人生を損した気持ちになります。

だからといって
勝ちたいと思っているのに
低設定をただただ打ち続けて
前向きに考える
っていうのはやめてくださいね笑

マインド記事一覧へ