黒バラ軍団のコウタローさんの実践動画の中で
参考にすべき視野の持ち方
がありましたので
ここで共有したいと思います。

1分46秒~7分19秒
あたりを見た後に
18分15秒~19分30秒
あたりを見ていただきたいと思います。

動画解説

1分46秒~

まず
1分46秒~のところですが
ガックンチェックで打ち出した転生が
ガックンしたなおかつ1ゲーム目に
スイカ解除

いつも通っているホールなら
ある程度リセット状況がわかっているので
そのまま当たるまで打って良いと思います。

しかし
初めて行くようなホールで
リセット状況を把握するために
ガックンチェックをして
このようなことが起きた場合
早くスイカ解除した台を回して
ATに当選させることも大事なのですが

目の前の当たりよりも
今後の立ち回りに活きてくる
リセット状況を把握するために
コウタローさんのように台をおさえたまま
一旦朝のリセット状況を
「見」によって把握しに行った方がいいですね。

転生はリセット後
全設定共通で2%で超天国が選ばれます。

そして超天国中のスイカ解除には設定差がないので
リセット後1Gで引いたスイカは
超天国でのスイカ解除の可能性もあるんですが
やはりその可能性は極めて薄いので
通常時にスイカ解除したと考えたら
少しは高設定の期待が高まります。

ですが
前日転生で高設定挙動の台が1/11というところ
スイカ解除したということ以外には
全く転生を設定狙いで打ちだせる強い根拠がないので
ATを消化し終えたら256Gまで追う前に
もっと高い期待値の台がないか探しに行っています。

その後
他に打つ台がなく期待値を追うために
転生を256Gまで打っています。

他に打つ台がなくて
転生を256Gまで追うか追わないかは
人それぞれだと思いますね。

お店の状況次第なんですけど
根拠があまり強くなければ
AT後即ヤメで全然OKだと思います。

やっぱり設定狙いとハイエナの違いは
打つ前に確実に100%期待値があるかどうかが
わかるかわからないか

だと思うので、根拠も強くなく
不安要素を抱えたまま
本当に期待値があるかどうかわからない転生を
設定狙いするよりはハイエナで確実に
見える期待値を追っていったほうがいいです。

ただし
重要なのはスイカ解除した転生を離れてから
その台の挙動をしっかり注意して見ていたことです

18分15秒~

sponsored link

そして
18分15秒~のところですが
データカウンターから初当たりの回数と
総回転数を見るだけでなく
期待値がある台を探して、いろいろな台を打ちつつも
スイカ解除した転生の挙動を
「見」によって見ていて
256G以内の解除が2回
1000Gを超えていたことが1回
ということを確認しています

動画内では話していないので
正確にはわからないのですが
コウタローさんだったら
そのスイカ解除した転生を打っていた人の特徴とかも
しっかり見ていたと思います。

例えば
若い人が打っていたのか
まぁまぁ年いってそうな人が打っていたのか
ご年配の方が打っていたのか
小役カウンターは使っていたのか
通常時の打ち方はちゃんとバーを狙っていたのか
白バーと青バーを1周半目押しで交互に打つほど
レベルが高かったのか
そういう打ち手の情報です。

そして
ヤメそうな人なのかヤメそうでない人なのか
というのもチェックしていると思います。

例えば
若い人で
小役カウンター使っているような人が打っていて
やめたとしたら
挙動が弱く高設定はないと見切られたのかな?

と考えられますが
中年の方が
目押しもあまい感じで打たれていて
やめられたというのであれば
「見」によって確認した
256G以内に2回解除や
1000G超えは1回しか確認してないこと
データカウンターの情報
朝一スイカ解除したこと
ホールの状況などを加味して
打てるという判断になったのだと思います。

ホールにある全台の挙動を
事細かに確認することは不可能です。

ですが
転生でいえばスイカ解除
絆だと低確謎当たりなどの
高設定挙動が見れた台挙動
打っている人の特徴などをおさえておくと
ホールにあるたくさんの台の中から
期待値を生み出せそうな台を絞って
「見」によって見つけることができると思います。

必要なのは
全台把握できるようなめちゃめちゃ広い視野ではなく
見るべき台を見ることのできる視野です

黒バラ軍団記事一覧へ