年末年始は時間があるから
パチスロハイエナ稼働で
稼ごうと思っている方も多いと思います。

今回は
年末年始に稼働する際に
意識しておくべきことやオススメお店
についてお伝えしたいと思います。

年末年始の特徴とは?

日の出

年末年始は
いわゆる大型連休ですので
普段は忙しくてパチスロを打ちに来れない方も
パチスロを打ちに来るため
稼働率が高くなる傾向にあります。

普段は忙しくて
なかなかパチスロを打ちに来ない方も
パチスロを打ちにくるということは
お客さんのレベルが極端に下がる可能性があります。

意識しておくべきことは?

年末年始

やはり
普段よりお客さんのレベルが下がるので
「この台は空かないだろう」
思わないことが大事だと思います。

天井やゾーン手前の台でも
年末年始に関しては空くかもしれない
という意識は持っておくべきです。

理由としては
先ほど述べたように
普段忙しくてパチスロを打ちに来れない方が打つとか
後は年末年始の帰省にて
ただただ楽しむために
地元の先輩や同級生と打ちに来ている
というパターンも十分に考えられるからです。

細かいことを言うと
同窓会の前に男友達だけで集まって
暇つぶしのためにパチスロを打っている
という状況であれば
時間次第では続行したいけど無理やり辞めざるを得ない
って人も出てきますからね。

次に意識すべきことは
ライバルも増えるということです。

だいたいクリスマス前後から
大学生が冬休みに入るので
休みの期間を活かして稼働する学生も
出てくると思います。

オススメのお店は?

sponsored link

年末年始にハイエナ稼働をするのであれば
普段はあまり稼働率の高くないお店が
オススメです。

過疎店であっても
年末年始であれば稼働率が高くなり
なおかつそのようなお店に集まる客層は
レベルが低い傾向にありますので
一時的にかなり拾いやすいということがありえます。

できればベタピンのお店で
宵越しを狙っていけるのが1番良いので
時間がある方はしっかりと前日の下見をすると
より良いと思います。

そして複数店舗を
フットワーク軽く移動できると
かなりボーダーを上げても狙っていけると思います。

逆に普段から稼働率が高いお店は
オススメできません。

そのようなお店は
年末年始はほぼ稼働率が100%に近い状態になります。

稼働率が高いということは
それだけハイエナ台が育ちやすいのでは?
と思うかもしれません。

しかし
あまりにも稼働率が高すぎると
仮にハイエナできそうな台が空いたとしても
一般のお客さんが
そもそも空き台がないから空いた台にすぐ座ってしまう

という感じで期待値がつぶされてしまう可能性が高いです。

また
大型店であればやはりライバルも増えるので
余計に立ち回りにくくなります。

まとめ

年末年始は普段とは状況が変わります。

いつもなら稼ぎやすいお店が稼ぎにくくなったり
逆にいつもなら稼ぎにくいお店が稼ぎやすくなったり
そういったことが起きる可能性があります。

そして
自分の常識では空かないだろう
と思っている台も空く可能性があります。

年末年始に稼働されるのであれば
普段の常識は捨てて
立ち回ってみることをオススメします。