最近は
そもそも新台導入台数が少なかったり
導入された新台も
すぐに客が飛んでしまい
撤去減台通路行き
非常に目立っています。

今回は
新台の導入台数の現状と
メーカーへの影響
そしてユーザーへの影響などを
話していきたいと思います。

新台の販売台数の現状

パチンコ屋

新台導入の数が約半分に! その原因とは

2016年のパチンコ遊技機、回胴式遊技機(スロット)の販売(納品)台数が前年に比べ大幅にダウンしたことが分かった。

昨年のパチンコ遊技機の総販売台数は約166万台(昨年比16%ダウン)、回胴式遊技機は約81万台(昨年比27.5%ダウン)。

現在、日本全国にパチンコ台は約300万台、スロット台は約150万台ある(平成27年度警察庁調べ)と言われており、昨年の販売台数は、全国総設置台数の約半分しか売れなかったということである。

ちなみに、10年前の2006年には、パチンコ遊技機だけで400万台以上販売している。

引用元:https://hbol.jp

理由としては
本当にいろいろあると思います。

そもそも
パチンコ店の数が減っているので
扱う台数は減るというのも1つあると思います。

また他にも
昔は
「新台入替=出る」
というイメージが強かったのが
最近はそこまで印象が強くなく
集客ツールとしては少し弱くなっていたり…

最近であれば
機種のスペックダウンの影響で
客付きが悪かったりして
導入する価値があまりない
ということもある気がしますね。

最近のスロットの中古価格を見てみると
結構最近の台でも
かなり安い値段になっていることが多いですしね。

逆に沖ドキなんかは
今でもかなり高額で取引されています。

メーカーへの影響

sponsored link

新台販売低調で追い込まれるメーカー企業

深刻なのは、メーカー企業である。特に上場している企業にとって、歯止めの掛からない新台販売台数の減少は、そのまま業績ダメージとなる。

東証1部上場の「平和」の、平成29年3月期の第2四半期の決算短信によれば、前年同四半期比で売上が21.7%の減収、営業利益、経常利益12%ほど減少している。

勿論、メーカーによって「鉄板コンテンツ」と言われるビッグタイトルの販売時期によって、期毎の数字は変わるが、それでも通期でプラス転換は難しいと思われる。

同じく東証1部上場のパチンコ・パチスロメーカー「SANKYO」も、平成29年3月期の業績予想を大幅に下方修正している。

売上で前期比30%以上の減収、営業利益、経常利益に関しては70%~80%の減少が見込まれている。

「平和」や「SANKYO」などの大手老舗の大メーカー企業ですらこの様な状況である。

中小メーカーにとって、下げ止まらない販売台数の減少は、企業の存続に直結する大問題だ。

引用元:https://hbol.jp

これはあくまで1つの意見ですが
売り上げが減少しているのは
まぎれもない事実ですね。

ユーザーへの影響

パチンコ ユーザー

基本的に考えたら
一般ユーザーのお金によって
パチンコ屋が成り立っているので
メーカーやパチンコ屋が苦しければ
影響をもろに受けるのは
一般ユーザーだと思います。

事前に販売される機種を
導入していないと
ビッグネームの機種が導入できない
といった抱き合わせ販売の噂もあり
一般ユーザーがそこまで打ちたくないような台も
大量導入されることだってあります。

売り上げの低下で
さらにお客さんから搾り取ろうとするところも
あるかもしれません。

ただし
勝ちを目指すのであれば
そこまで悲観する必要もないかな
というのが個人的な見解です。

結局
台がつまらないとか
売り上げが下がっている
と言う中で1番苦しいのは
ユーザーではなくお店やメーカーだと思います。

その中で
対応できないお店からは
お客さんがドンドン減っていきますし
しっかり対応できるお店には
お客さんが寄ってきますし
そういうお店には必ず
「期待値」という旨味が生まれます。

僕たちユーザーには
お店を選べる権利がありますので
業界全体の流れをみて
旨味があるところを意識すれば良いと思います。

スペックダウンで
拾える期待値が減ったとしても
結局ライバルが減ったりしますし
何だかんだバランスが取れると思うので
現状できることをやっていけば
特に問題ない気がしますね。