プレミアムビンゴ
(スーパービンゴプレミアム)
の555Gのゾーン狙いをした際
当選しなかった場合は
そのまま1222Gの天井狙いで
打ち続けるべきなのか
それともゾーンでハズれたら
一旦ヤメるべきなのか

についてお話します。

555のゾーンについて

スーパービンゴプレミアム

画像引用元:http://crakb48pachinko.blogspot.jp/

まず
555Gのゾーンの強さなのですが
これは設定変更時でもAT後でも
555G+前兆が天井の
モードBが選択される確率が
37%です。

その影響があり
あとは周期抽選などかあって
実践値では555Gのところで
約50%当選するという
超強力なゾーンになっています。

555のゾーン狙いの
狙い目は300~350G
くらいだと思います。

そこからゾーン狙いをして
555G+前兆で当たらなかった場合。

前兆の引っ張り具合で
560Gくらいから580Gくらいまでで
当たるかどうかわかります。

そこでハズれた場合
天井狙いでそのまま打ち出すか
ヤメるかを悩んでいる方が
いらっしゃると思うのですが
その答えは「状況による」
ということです。

それでは
わかりにくいと思うので
できるだけ具体例を挙げて
説明していきます。

555Gのゾーンでハズれたとき、一旦ヤメる状況

sponsored link

まずは
プレミアムビンゴの555G抜けの
期待値約+2000円より
期待値が高い台があるときですね。

まず
555Gのところでハズれた場合は
一度その台をおさえたまま
その台より期待値が高い台がないか
探します

例えば
そこで凱旋の800Gハマり
があったとします。

そうなったら
プレミアムビンゴを一旦諦めて
より期待値の高い
凱旋の800Gを打つべきです。

そして
凱旋を打ち終えて
プレミアムビンゴが
700Gとかに育っていたら
もう一度天井狙いで
打ち出すということです。

他には
非等価のお店で6枚交換のお店や
5.5枚交換のお店でも
現金投資をしないといけない状況

であれば一旦ヤメるべきですね。

555Gのゾーンでハズれたとき、そのまま天井狙いで続行する状況

スーパービンゴネオ 終了画面

画像引用元:http://slot-pirates.com

まずは
グループやノリ打ちをしていて
複数人で稼働している場合

です。

厳密に言うと
その台を打つのをやめると
2人以上浮いてしまう時は
積極的に1人が
プレミアムビンゴを
そのまま天井狙いで
打ち続けるべきです。

後は
ピンで稼働していても
すぐ打てる台が他にない
そして
これから少し時間が経過しても
打てそうな台がない
つまり
今現状期待値がある台を
打っている趣味打ちの人がいない
やめそうな人がいない
ような場合です。

この場合は
10分、20分経過しても
他に打てる台がない状況が
続く可能性が高いので
その時間待って過ごすなら
プレミアムビンゴを
そのまま天井狙いして
期待値とった方がよいです。

具体的には
このような感じで
続けるべきか一旦ヤメるべきかを
判断します。

ですが
毎回毎回同じ状況
というのはありませんし
人それぞれ求める期待値や
通っているお店の状況が違うので
100%これといった正解はありません。

ですから
今自分の置かれている状況を考えて
どう行動した方がより期待値が稼げるか
を考えていただきたいと思います。