質問内容

team

ハイエナ(他人)同士で
軍団を形成するっていうメリットはありますか?

自分の地域がプロが多く
学生なので転居することもむずかしいので…
無料メルマガやってます↓
ライバル差別化Project 3Dバナー
今登録すると
限定動画と限定レポートを受け取れます!

質問回答

個人的には
ほとんどメリットがないかな
と思います。

この場合の軍団というのが
誰かがトップになって仕切る形なのか
ホール内でハイエナをしている人同士で
ノリ打ち軍団みたいな形なのか
どっちを想定しているかが読み取れませんが
誰かがトップを務めるのであれば
なくはないかもしれません。

例えば
質問者さんが今の状況に苦しさを覚えていて
雇われの身になって安定した収入が欲しい
そしてプロの方が打ち子が欲しい
という状況なら双方にとってメリットがあるので
成り立つかもしれません。

しかし
ノリ打ちとして他人と軍団を組むなら
質問者さんが学生で相手の方がプロ?ということなので
もしかしたら専業かもしれませんが
なかなか稼働時間をどのように合わせるかが
まずは大変になってくると思います。

平日の学校終わりから稼働して
ノリ打ちとなると管理が難しそうですし
土日だけノリ打ちにする場合
相手にとってメリットがあるのか?

自分が兼業・相手が専業でノリ打ちで
自分から相手に申し込む場合は
相手にメリットがない限り受け入れてもらえないはずです。

そして他人同士ということで
お金の管理も正直難しいところだと思います。

仮に1か月ノリ打ちでやってみて
お互いに一人でやっている時に比べて収支が落ちたら
お互いに相手に対して「お金をこっそり抜き取ってるんじゃないか」
疑ってしまう可能性も十分に出てきてしまいます。

もちろん他人だからこそなおさらです。

自分から提案するのであれば
少なからず相手にメリットがない限り
成り立たないと思うので
正直質問者さんがどういう状況にいるか
100%把握することが出来ないので難しいですが
その人の立場に立ってみてメリットがあるかどうか
考える必要があると思います。

個人的には
グループを組むというよりは
個々で稼働しつつ
助けてもらえるような環境を作るために
自分の方から仕掛けていくのが良いかなと思います。

今回はハイエナということですので
超高期待値の台でない限り
台を確保してからとりあえず他にもっと良い台がないか
探しに行くと思います。

もし打てそうな台が2台あったら
いろんなホールでよく見るプロの方に向けて

「あの台打ちますか?僕は他に打つ台があるので」

と提案すれば
相手は少なくとも嫌な気持ちにはならないと思いますし
メリットになると思います。

そこである程度やり取りできて
自分が台をあげていたらその人の方からも
台を頂けるかもしれません。

個人間のやり取りなので
別にお金の管理などの問題はありませんし
双方にとってどうせ自分が打てない台を譲り合うので
メリットが生まれるかなと思います。
ブログでは書けない限定ノウハウや
ライバルに差を付ける情報を
不定期で配信しています。

もちろん無料です↓

プレゼント