質問内容

スマホ、携帯電話を老若男女持っていて
誰でも止めどきや打ち始めのゾーンを
簡単に調べられてしまい
ハイエナしにくい状況について
どういった対策をしていますか?
無料メルマガやってます↓
ライバル差別化Project 3Dバナー
今登録すると
限定動画と限定レポートを受け取れます!

質問回答

僕がスロット兼期待値稼働を始めたのが約1年前です。

約1年前はハイエナ全盛期時代で
そのライバルが多い時期にスロットを始め
ライバルがいる状況が当たり前すぎたので
常に差を付ける方法を考えていました。

その時期に比べたら
新基準機を恐れてかライバルが減ったので
僕は楽になりましたね。

ですから、特に対策はしていませんが
面倒くさいかもしれませんが
客層の甘いお店を探すように
足を使ってホール開拓を怠らないことや
お店内のライバルよりも早く台をとれるように
常連さんの顔を覚えたり
期待値を落としてくれやすい人の特徴をおさえたり

やることは山ほどあります。

ただし、1人1人の地域によって変わってきますので
自分の地域ではどうやったら台が拾えるか考え
広い視野を持って立ち回ってみることが大事
だと思います。

後は、条件の厳しいところにあえて行く
ということですかね。

データロボサイトセブンに
前日のヤメゲーム数が表示されないお店
データカウンターからは
前日のヤメゲーム数がわからないお店
等価よりは非等価のお店
5.5枚よりは6枚交換
無制限再プレーのお店よりは
1000枚制限や500枚制限など
条件がシビアのお店を
みんなが嫌がるのであえて行く
とかですね。
ブログでは書けない限定ノウハウや
ライバルに差を付ける情報を
不定期で配信しています。

もちろん無料です↓

プレゼント