パチスロ高設定台座り
勝つためには
情報が大事だと思います。

今回はその中でも
実際のお店ホール)に行くことで
得られる情報の価値について
お話したいと思います。

実際に行ってみる価値

清水寺

例えば
有名な観光地があったとしても
今であればスマホやパソコンで
簡単に観光地の画像や映像を
見る事が出来るようになったと思います。

しかし
実際に行ってみたら

・写真で見るのと迫力が全然違う
・思ったよりたどり着くのが大変

などと感じることもあると思います。

こればっかりは
写真を見ようが人に言われようが
本当に行ってみないと
分からないことです。

スロットに関しても同じで
今は情報が普及してきて
お店の情報はいろいろなものから
収集できることが出来るように
なってきています。

しかしそれでも
やはり実際のホールに行くことで
得られる情報というのが
1番大きな価値を持っていると
感じます。

基本的に人間は

・めんどくさい
・不安
・ストレス
・怖い

などの理由から変化を嫌い
安定を求めやすいので
パチスロにおいても
1度自分の中で型が出来てしまえば
そこから抜け出すのは
良い意味でも悪い意味でも難しいです。

実際にホールに行っても
新しい情報を得ようとしない
クセがついてしまっていれば
なかなか情報収集できません
ツールなどに頼りすぎると
その便利さに溺れてしまい
実際にホールに行くなどの行動が
出来にくくなります。

また
マイホが稼ぎにくくなって
新規ホール開拓や情報収集をしようと思っても
新規開拓等(変化=不安)と
マイホで稼働(不変=安定)を比べた時
どうしても後者を選択してしまいやすいです。

まずは
実際に行ってみることで
良い情報が見つかる可能性がありますし
そこでしか得られない価値
手に入ったりすると思います。

ホールに転がっている情報

sponsored link

実際にあった極端な例ですが
例えば

・開店前に入り口から店内を覗くと
店内に置かれている電光掲示板
その日のおすすめ機種が
映像として流れる

・開店時に
とある機種のBGMが流れる

・イベント日のみ
朝一は店内に店長が顔を出す

こういった情報って
間違いなく行ってみないと
分からないことです。

もしかしたら
SNSや2chなどに
そのお店のことが書かれている
かもしれませんが
その情報の真偽については
自分で行ってみてみない限り
分からないはずです。

後は一般的なところでいうと
朝の並びの人数やライバル状況
軍団・グループの存在や
開店時の出目
データカウンターの仕様
などなど
いろいろなことが
分かります。

サラ番やガルパンのように
内部履歴の詳細が
分かるようなものもあります。

1つ1つ取り上げると
話が終わらないですし
現場で得られる情報を
言葉で説明するには限界もありますので
今回はライバルについて
例として取り上げたいと思います。

ホールで得られる情報(ライバル)

双眼鏡

複数回行かないと
分からないことももちろんありますが
抽選は何人いるか
プロっぽい人が何を狙っているか
小役カウンターを使っているか
マイスロ・ユニメモを入れているか
打ち方やメダルの入れ方
(フルウェイトで回しながらメダルを入れるのか)などを
チェックすることが出来
高設定を1日打つような人なのか
途中で帰る可能性のある人なのかが
分かることもあります。

ちょっと特殊なところでいくと
朝から弁当を持ってきていて
一日立ち回る気満々みたいな
人やグループもいます。

また
複数人で行動している人がいたら
朝の並びの会話で
お互いタメ口であったり
ホール内で相談するように
話し合ったりしていたら
ノリ打ちの可能性が高いか
ただの大学・社会人の友人同士で
打ちに来ているかどうか

などが分かります。

もちろん
服装や髪型・髪の色などの見た目も加味します。

逆に
朝の並びの会話で
敬語とタメ口の人がいれば
打ち子なのか
学校や会社の先輩後輩同士なのか

などが分かったりします。

そして
ホール内で
誰かと話していて
お互いに相談している感じではなく
明らかに一方的に指示されているとか
誰かの後ろについて歩いてるとかだと
打ち子の可能性が高いかなとか。

複数人で動いている人達でも
全員が台を打ちながら
設定判別してスマホも見ながら
周りの挙動も確認している仕草があれば
ノリ打ちか打ち子でレベルが高い人かもしれません。

逆に
1人は明らかに
スマホを常に見つつ周りの挙動を確認し
片手間で設定判別をしていて
もう1人はスマホも見ずに
自分の台しか見ずに一生懸命
小役カウンターを使っていたら

いろいろ確認している方が親玉で
もう1人が日雇いの打ち子か
初心者の打ち子かもしれません。

そうなると
親玉の方から打ち子の方に話しかけ
台を交代することがあれば
親玉の台は明らか高設定か
456確定や6確定が出た可能性もあります。

ブン回し決定の台を
初心者や日雇いの打ち子に任せて
判別出来ていない台を
自分で判別した方が良いですからね。

打ち子と交代する時に
親玉がその台に対して使っていた
小役カウンターをしまうかどうか
確定演出が出てそうかどうかの
判断要素になったりします。

もちろんその台の履歴やグラフは見ます。

機種単位で考えると
ライバルがバジリスク絆
弦之介BC・朧BC・天膳BCどれを選んでいるかとか
北斗強敵戦国乙女-深淵-
中押ししているかどうかとか。

北斗の将などは
チェリーのビタ押しや
ボーナス察知などから
後ヅモできそうかどうかとかですね。

総合的に判断するので
これらが1つ見受けられたからって
絶対に何かが分かるわけではないですし
ここで説明しているのは
ごくわずかだけです。

実際の現場(ホール)で得られる情報は
質に関しては1番重要で価値があり
量も多いと思います。

まとめ

観光名所に関しても
実際に行ってみないと
分からないことがあるように
パチスロも
実際に行ってみないと
分からないことはたくさんあります。

そして
ただただ漠然とホールに行っても
全く情報収集しようとせずに
例えば自分の台とだけ向き合って
設定狙いをしていても
得られる情報は少ないので
せっかくホールにいるのであれば
視野を広げてみてみる意識
持っていたほうが良いと思います。