今回お伝えするのは
僕が期待値稼働を始めたころに
考えていたマインドの話です。

参考になるかどうかはわかりませんが
読んでやってもいいって方は
雑談程度な感じで気軽に読んでいただけたら
と思います。

普通の人がスロットを打ち終わった後って?

居酒屋 ビール

一般の方が趣味で
パチンコやスロットを打った後は
勝ったらそのお金で飲みに行ったり
友達に「今日、勝ったんだろ?」
と言われておごらされたり。

負けたらお金がないから
缶ビール買って帰ったり
逆に友達に奢ってもらったり
そんな感じのパターンが非常に多いと思います。

その逆をする

sponsored link

僕は期待値稼働を始めてから
上記とは逆のような行動を取っていました。

大きく勝った日ほど質素に
大きく負けた日ほど豪華に
そんな感じで行動していました。

理由としては
大きく勝った日というのは
一撃で5000枚とか出たりして
ATを消化することに大半の時間を費やしてしまうため
打っている台数や積み上げた期待値的には
そんなに大きくないんですよね。

しかし大きく負けた日というのは
どんな台を打っても単発で終わるけど
その分ATを消化する時間がかからないので
どんどん台数をこなして期待値が積みあげられる
という日が多いです。

1日で
5000円の期待値を積んで10万勝つ
20000円の期待値を積んで5万負ける
このような2つのパターンがあった場合
大事なのは結果より期待値ですから
20000円の期待値を積んだ日の方が
本来は喜ばしいんですよね。

だからこそ
10万勝って5000円しか期待値を積めなかった日は
勝つために必要な期待値を積みあげられなかったから
その日は質素な食事をして
5万負けて20000円の期待値を積んだ日は
勝つために必要な期待値がたくさん積み上げられているので
その日は豪華な食事にする
って感じで行動していました。

初心者の頃は
何が正しいか分からないことが多かったですが
とりあえず期待値を信じてやってみるってことと
負けている周りの人と同じことをしていてはダメだ
ということを意識していました。

その日の食事に関して
質素とか豪華って言っても
そこまで大した差ではないのですが
結果ではなく期待値で考えるように
強制的に行動するようにしていました。

今は大きく勝とうが大きく負けようが
どれだけ期待値積み上げようが
毎日ある程度同じように生活していますが
初心者の頃はそのようにしていましたね。

僕がちょっと特殊かもしれないんで
参考になるかはわからないですが
勝つためには期待値が全てということを
体にしみこませる方法としてはアリかな
と思いますね。

マインド記事一覧へ