天井狙いをしている最中に
天井に到達したはずなのに
天井が発動せずにハマり続けたり
天井のゲーム数を超えてハマっている
データカウンターを見たことはないでしょうか?

まずは
天井のゲーム数を超えている
データカウンターの場合について話します。

これは
シャドウハーツ2
花の慶次~戦極めし傾奇者の宴~
スカイガールズ2 などなど
ART間天井やボーナス間天井が
搭載されている機種によくおこります

そして
ある特定のデータカウンターは
ART間天井の機種だとボーナスを引いても
データカウンター上のゲーム数が0に戻らなかったり
ボーナス間天井の機種だと
ARTを引いてもデータカウンター上のゲーム数が
0に戻らなかったりします。

例えば
花の慶次ですと
ボーナス間999GでARTに当選という天井恩恵です。

この手の機種で
ARTを引いてもデータカウンターのゲーム数が
0に戻らないと
999Gに到達した時点で
天井恩恵が発動してARTに当選します。

そこで
例えばARTが100ゲーム継続して
ボーナスを引けずに終わった場合
ARTではゲーム数が0に戻らないので
データカウンター上のゲーム数は
天井に到達した1000Gと
継続したART100Gを合わせて
1100Gと表示されることが多いです。

この状態でやめられている台を見ると
「あれ?天井発動してないんじゃない?バグ?」
と思うかもしれないですが
きちんと天井が発動しています。

僕が昔通っていたホールでは
シャドウハーツ2とスカイガールズ2が
よく天井のゲーム数を超えていました。
そのような台に出くわした場合は
しっかり注意してください。

問題は次です。

自分が天井狙いをしている最中に
天井に到達しても天井が発動せずに当たらない
ハマり続けてしまう場合です。

この場合
考えられるのは2パターンです。

1つはペナルティによって天井が伸びてしまう場合です

sponsored link

例えば
沖ドキは結構わかりやすくて
1回ペナルティするたびに
天井が3ゲーム伸びます。

正確な情報ではないですが
化物語で前任者が何回かペナルティをしていて
めちゃめちゃ天井が伸びたなんてこともあったそうです。

これはたまたま自分が見つけたのですが
データロボサイトセブンの誤作動なのか
データカウンターの誤作動なのか
ペナルティによって天井が伸びたのかわかりませんが
こんなことがありました。
76cd2edb-s

もう1つはデータカウンターの誤作動で当たったのにデータカウンターのゲーム数が0に戻らない場合です

新鬼武者再臨とかバジリスク絆とかでは
よくこの手の誤作動の報告を受けます。

例えば
500Gで当選したのに
誤作動でデータカウンターのゲーム数が0Gに戻らずに
500Gからゲーム数が進んでいくなんてことがあります。

内部的には
天井までのゲーム数が
0Gからスタートしているはずなのに
データカウンター上では500Gハマっているように
見えているということです。

ですので
例えば天井が1000Gとして
データカウンター上で1000Gハマったとしても
内部的には500Gしかハマっていなかった
ということになります。

 

このようなことは
本当にまれに起こりうることなので
普段天井狙いやゾーン狙いをするときには
そこまで警戒する必要はありません。

自分が天井狙いをしているときに
天井を超えても天井が発動しなかったら
誤作動なのかペナルティなのか
100%完璧に原因を突き詰めることは
難しいです。

ですので
リスクヘッジのためにも
深追いしないことが重要です

しかし
「せっかくここまで投資をして回してきたのに」
「天井を超えるまで回してきたのに
  ここでヤメて次に座った人がすぐ当たったら嫌だから」
などといろいろ考えて
頭がパニックになって当たらないのに
どんどん投資してしまう人がいます。

しかし
当たる保証もない、確信もないものに
投資してしまってもしょうがありません。

もったいないとか思うかもしれないですが
例えば天井に到達してから
100Gほど回しても天井が発動しなかったら
やめるなどルールを決めたほうがよいです。

普段はマインドがブレないのに
このような天井が発動しない
イレギュラーなことが起きると
もったいないとか
当たるかもとかで
マインドがブレて深追いしてしまう人がいるのですが
リスクを回避するために諦めが肝心です。

たまに、天井が発動しなくて
店員さんを呼んで訴える方がいるのですが
目立ちますしお店側が
何か保障してくれるともわからないので
あまり店員さんを呼んで怒鳴りつけたりするのは
よくないと思います。

大切なのは
どんなイレギュラーなことが起きたとしても
リスクを回避するように行動することです