導入日2016年11月7日
導入台数約6,000台の
ウィッチマスター
についての記事です。

メーカーは山佐ですが
この台に登場するキャラクターから
分数管理型ART(オーバーライドシステム)まで

全てが山佐オリジナルになっています。

スペック

ウィッチマスター スペック

BIG・REG・ART
それぞれの当選率を見ると
設定1ではかなり確率が重い印象ですね。

天井

ウィッチマスター

画像引用元:https://chonborista.com

通常時・・・BB&ART間1536G(平均999G)

リセット時・・・BB&ART間768G(平均499G)

天井はBB&ART間ですので
途中でRBを引いたとしても
天井までのゲーム数は進んでいきます。

リセット恩恵は天井短縮ですので
リセでも据えでも打てる
というパターンは出てくると思います。

感想

sponsored link

毎度毎度
何かしら意表を突く山佐が
キャラからシステムから
完全オリジナルで作った台なので
仕上がりに期待したいところです。

リセット恩恵が天井短縮なので
リセットか据え置きかの判別がなかなかできない
特に初心者の方にとっては
狙いやすい台だとは思います。

最近の台で
天井が短縮すると言えば
まどマギ2が記憶に新しいです。

個人的な印象ですが
朝一開店時からまどマギ2を打たれるお客さんは
基本的には1回初当たりを引くまで回される
というイメージがあります。

アニメとか好きな方が多いので
やはりパソコンやスマホなどで解析情報を調べて
その上で天井短縮を知っているからこそ
初当たりを引くまで打つ人が多いのかな
と感じています。

ウィッチマスターに関しては
山佐オリジナルなので原作はないですし
シリーズものでもないので
導入当初は幅広い客層が打ってくれる
とは思います…

でも最近の新基準機のことを考えると
即通路ってこともありえますけどねf^^;

出玉性能に関しては
分数管理型ART
(オーバーライドシステム)

ということで序盤にヒキが絡めば
一撃でそこそこ出てくれるかもしれません。

最近の台は出ない出ないとよく言われるので
その流れを払拭するような奇抜な台が出てほしいです。

PV動画