STEP1~基礎知識編~

ハイエナでは勝てるけど
設定狙いでは勝てないというスロッターは
非常に多いです。

どちらも期待値を積むという行為は
全く同じなのに
設定狙いでも稼げる人
設定狙いでは稼げない人がいるのは
なぜでしょうか?

今回はその理由を明確にしていきます。

設定狙いで稼ぎたいと思っているエナ専の方は必見です。

設定狙いで勝てないハイエナ専門の人が多い理由

設定狙いが苦手なエナ専は
なぜ多いのか?を知るために
まずは設定狙いとハイエナの違いについて見ていきます。

設定狙いとハイエナの違いとは?

脳

それぞれの違いを
職業に例えて端的に表すならば

設定狙い・・・自営業、フリーランス

ハイエナ・・・アルバイト、サラリーマン

というイメージです。

ちなみに誤解を招かないように
予めらかじめお伝えしておきますが
設定狙いとハイエナではどっちが優れている
ということはありません。

どちらも正しい稼ぎ方ですし
地域差がありますので
どちらの稼ぎ方も優劣をつけることは出来ません。

同様にして
自営業やフリーランスと
アルバイトやサラリーマンではどっちが優れている
ということもありません。

ただし
単純に100人の人間がいたときに
自営業やフリーランスをやる人と
アルバイトやサラリーマンをやる人
どちらの方が多くなるか?というと
圧倒的にアルバイトやサラリーマンをやる人の方が
多くなりますよね。

理由の1つとしては
アルバイトやサラリーマンの方が
「やりやすいから」だと思います。

なぜやりやすいのか?を深く掘り下げると分かりますが
やりやすい理由は
言われたことを素直にやることが求められますし
100点を目指すことが出来るからです。

例えばハイエナの天井狙いは
700G~打って当たった後は0Gで辞めれば期待値+2,000円
という風にネットに書いてあれば
それをそのまま実践するだけで
100点満点の立ち回りになります。

アルバイトに関しては
与えられたマニュアル通りに仕事をこなすだけで
100点を目指すことが出来ますし
報酬を受け取ることが出来ます。

ただし設定狙いの世界では
100点満点は存在しません。

100点が存在しない世界に対して
100点を求めてしまうからこそ
ハイエナ(アルバイト・サラリーマン)から
設定狙い(自営業・フリーランス)への転職に
失敗してしまう人が圧倒的に多いのです。

ハイエナで無意識に100点を目指す癖が付くとどうなるのか?

完璧

ハイエナの場合は
言われたことをそのまま実践するだけでも
100点満点の立ち回りになり
プラス収支に持っていくことが出来ます。

この安心感に依存してしまうと
ついつい全てを100点で考えてしまうようになります。

そのような状態で
自営業やフリーランスである設定狙いという職業に転職すると
どのような弊害が起きるのでしょうか?

読者さんからよく頂く質問の中から
具体的な弊害を2つ紹介します。

具体例1:データ収集(データ取り)の期間について

設定狙いについてネットで調べていると
データ収集(データ取り)が重要だと分かり
データを集め出す人がいます。

そうすると

「何か月のデータを集めれば良いですか?」

といった質問が必ずといって良いほど飛んできます。

質問者さんからすると

「3ヵ月のデータを集めればOKです」

といった答えを期待していると思いますが
これは100点を目指してしまっている
ということをお分かりいただけますでしょうか?

日本全国には様々なホールがありますので
ホールによって答えは異なるのです。

1ヵ月のデータを集めれば
早めに攻めに行った方が良いと思えるホールもありますし
3ヵ月くらいのデータを集めて
ぼんやりと傾向が見えてくるホールもあります。

それに超過疎店なんかは
データ収集があまり意味を成さず
データ収集よりもリセット判別
設定6をツモるための最有力の情報になることさえあります。

僕もデータ収集は強く推奨していますが
お店のことを知るための手段の1つであって
自分の頭で考えた結果
データ収集が必要だと思っているので
実行しているだけであり
それが全てではありません。

だからこそネットの情報を見て

「あ、データ収集が大事なんだ。」

と思って言われた通りに100点のマニュアルを目指し
何も考えずにとりあえず3ヵ月のデータを集めても

「データを集めたけど何も掴めませんでした」
「データを集めたけどライバル状況を全く考えていませんでした」

というオチが待っているだけなのです。

具体例2:設定狙いの辞め時・見切りについて

設定狙いの辞め時や見切りについての相談も
非常に多いです。

例えば

「2,000G回して小役が〇〇以下だったら辞めるべきですか?」

という質問が非常に危険だということは
もうお分かりだと思います。

100点満点のない設定狙いの世界で
100点を目指そうとしているからですね。

非常に分かりやすいところでいうと
例えば2,000G回して小役が〇〇以下だったとしても
自分の打っている台が全台系(全6)の対象島の可能性が高ければ
続行という判断をします。

読者さんからの質問で分かったことですが
設定狙い初心者の方の中には

「設定6は必ずめちゃくちゃ良い挙動をする!」

という先入観を持っておられる方も多いです。

しかし設定6でも朝一ビックリするくらい
挙動が悪い時などもあります。

例えば下記の画像は番長3の設定6です。

※僕は顔出しで情報発信をしているため
同じ店舗にいる同業者とお店への配慮のため
必要箇所にモザイクを施しています。

番長3 設定6 スランプグラフ 不調

朝一から昼までの段階で-2,000枚くらいまで行きましたが

番長3 6確定

確定が出ています。

確率の世界の話なので
設定6を何回も打っていれば
こういう日もあります。

その日の根拠と照らし合わせて
リスクが高ければ当然辞めますが
続ける価値があれば続行します。

辞め時は全くテンプレ化出来ないほど様々で
毎回違います。

機種によっても違いますし
ホールによっても違います。

だからこそ100点を目指してしまうと
いつまでも設定狙いで稼ぐということが分からないまま
月日が流れてしまいます。

ついつい不安になるからこそ
100点や完璧を目指したくなる気持ちは
痛いほど分かります。

しかし
この記事をきっかけに
今の考え方を持ってしまっているからこそ

「設定狙いで安定した成果が出ていないんだ!」

という風に
考え方を変えていただけると嬉しいです。

ではどのような考え方を用いて
しばはデータ収集をしたり設定狙いの辞め時を決めているのか?
もっと具体的な設定狙いの話を知りたい方は
「設定狙いで長期的に安定して稼ぐこと」を目的とした
下記のメール講座をご覧いただければと思います。

メール講座 バナー

エナ専が設定狙いで稼ぐために必要なこと

脳 アイデア

エナ専が設定狙いで稼ぐために必要なのは
設定狙いの「やり方」を身に付けるのではなく
設定狙いに必要な「考え方」を身に付けることだと思っています。

なぜならばエナ専の場合は
設定狙いの「やり方」を身に付けようとすると
ついついテンプレ化して100点を目指そうとしてしまうからです。

設定狙いもハイエナも
両方とも自然に出来るようになる人は
設定狙いのやり方を身に付けようとすると
無意識的に正しい考え方も身に付いてしまうのだと思います。

この記事は
設定狙いで成果が出ていないエナ専の人を対象としているので
そういう方の場合は
やり方ではなく「考え方」を強く意識する必要があると思っています。

そうしなければ

・サイトセブン登録店がほぼ0の熊本県

・イベント禁止地域の岡山県

・20××年のスロット規制

などの状況に遭遇した時に
どういう風に考えれば良いか分からず
マニュアルを求めてしまうからです。

ちなみに熊本県や岡本県のことは
読者さんから頂いた情報です。

設定狙いに必要な「考え方」も
100点は存在しませんし完璧も存在しませんので
理解するのが難しいかと思います。

だからこそ今後
設定狙いに必要な「考え方」が分かる記事を
具体例を用いて書いていきますので
徐々に「考え方」の感覚を身に付けていただければと思っています。

もし現状で分からないことがありましたら
ブログのお問い合わせからご連絡ください。

今すぐ設定狙いを覚えるべきエナ専の特徴

減少グラフ

「エナバルが増えて日当が下がってきた」
「自分の地域ではハイエナでおいしい機種が減ってきた」

という方々は特に
今すぐ設定狙いを覚えた方が良いです。

設定狙い・・・自営業、フリーランス

ハイエナ・・・アルバイト、サラリーマン

と例えたように
設定狙いよりもハイエナを実践する人の方が
圧倒的に多いです。

自分にとって簡単なことは
他人にとっても簡単ですので
非常に飽和しやすいです。

決して設定狙いが難しいわけではありませんが
設定狙いを避ける人は多いです。

エナ専をやっている期間が長ければ長いほど
設定狙いという新しい世界に飛び込むことは
不安が大きいかもしれませんが
ふたを開けてみると
逆に稼ぎやすかったりします。

小学校から中学校に上がる時や
中学校から高校に上がる時は
すごく不安が大きかった人も多いと思いますが
数か月もするといつの間にか不安がなくなっていて
意外と普通に感じるものです。

それと同じです。

最後に

僕はハイエナで稼ぎやすかった数年前に
ハイエナのノウハウをたくさん発信してきました。

そのおかげで多くの方から
ハイエナで稼げるようになった
という嬉しいお言葉を頂きました。

しかし
そこから数年経って
自力で設定狙いで稼げるようになる方もいれば
なかなか自力では設定狙いで成果が出ない人がいるのも事実です。

だからこそ
僕にしか出来ないやり方で
設定狙いに関する情報を提供できればと思っています。

口が裂けても楽して稼げると言うつもりはありません

ハイエナと設定狙いでは
必要な考え方と努力量が違います。

過度に期待させるのは嫌なので
それだけは先にお伝えしておきます。

楽して稼ぎたい方は
おそらく僕の考え方と合わないので
他の情報発信者の所へ行くことを強くおすすめします。

せっかく
真っ当な勝ち方を求めて
僕の記事を最後まで読んでくださっているのであれば
ハイエナだけでなく
設定狙いでも成果を出していただきたいと思っています。

明日以降に公開予定の記事は下記になります。

ホール開拓~本当に稼げるお店選びに必要な2つの条件~(予定)
データ収集~最初からエクセルにまとめると大失敗する理由~(予定)
癖読み~本当の本当に癖なんて存在するの?~(予定)
設定判別~エナ専にありがち!辞め時の迷子と残念な勘違いを克服~(予定)
稼働記録~反省のない設定狙いは趣味打ちより酷い~(予定)

1秒でも早く設定狙いで稼ぎたい方は
今すぐ下記のメール講座に登録してみてください。

設定狙いの【常識】が変わる特典動画も付いています。

メール講座 バナー

※大変申し訳ございませんが
楽して稼ぎたい方はお断りしておりますので
ご理解をお願いいたします。