しば
どうも、しばです。
しば
クライアントの平野さんが初めて【根拠のある設定狙い】で設定6をツモったという報告を頂きました。
しば
初めて設定6をツモった時の感想はなかなか集まりません。なぜばらば、僕の所で学ばれる前に既にツモる経験をされていたり、初めてツモったとしても報告を忘れてしまって当時の新鮮な感覚を思い出せなかったりするからです。
しば
非常に貴重な意見ですので、設定狙いはどうやったら勝てるのか?根拠とは何か?ツモる人はどんなことを考えていたのか?を参考にしてみてください。

状況について

稼働スタイル

兼業

設定6を打った『機種名』

北斗天昇

投資

18000

回収

58600

トータル収支

+40600

その台を打った根拠(※理由を可能な限り詳細に記載していただければと思います)

※ご希望のアイコン画像の提出がなかったので、アイコンにフリー画像を採用しています。

平野さん
6のつく日は、まどか番長リゼロなど狙えたが、北斗が入ってからリゼロの設定状況が悪くなってしまったので、抽選がよければ北斗狙いにする。
狙い台の根拠は、前日の回転数がそこそこ回っていて差枚数も凹んでいる台、もしくは2日凹んでいる台に狙いをつける。

当日のホール内の状況

平野さん
朝一、北斗まど3の出目がベル揃いが複数台それ以外はハズレ目だったが、ハズレの出目が統一されていたので何かしらの対策か?と思った。
番号早い人は番長と絆と北斗に座る。
少し遅めの番号でもまどかとリゼロには座れるが、まどかには軍団が1人座っていて、前回も多分同じ人が座っていた。
自分の台は午前中に金トロフィが出たので4以上だから粘っていたら、夕方にキリン柄トロフィが出た。もう1台つけた狙い台は凹んでいて、その隣がいい感じだったので別の狙い台ははずれた。

初めて【根拠】のある設定狙いで成果を出したことによる気持ちの変化や新たな気付き(※根拠のない設定狙いや過去の自分と比較した違いでもOKです)

平野さん
前日のデータを再び確認すると、候補じゃないけど差枚数がもう1台凹んでいる台があったので、その台を選んでいたら6を打つことは出来なかった。
北斗の6は450を超えにくいと事前に把握していたが、実際700の天井で当たったり500や600超えもあったので実際打ってみないと分からないことがあった。
それでも自分が選んだ台が当たりだったのはその日1日至福のひとときだった。
ハイエナのように期待値のある台をこなし続けるのも大変だけど、設定狙いは夢があるし、つかむまでの道のりは想像以上に険しいと思った。

スロットの今後の目標

平野さん
まだ15万を達成できていないので、これからまたそれに向けて頑張っていきたいと思う。

しばから一言

しば
平野さんは今現在、成長途中ですので日々いろいろな気付きや反省を繰り返しておられます。

なかなかうまくいかない自分に苛立ちを覚えたり、何度も何度も落ち込んだり悔しい思いに遭遇したりしておられます。

それでも諦めずに初めて根拠のある設定狙いで設定6をツモるという経験をされました。

僕としては、平野さんの性格も理解していますし、1度も打ったことがない機種が多く設定狙いを全くやったことがなかったところからの初成果ですので、とても嬉しかったです。

平野さんはまだまだ伸びしろがありますし、諦めずに挑戦する姿は見ていて尊敬出来ますので、このまま目標金額を達成するまで頑張っていただきたいと思っています。

しばから読者の皆様へ

しば
跳び箱を飛んだことがない人がいきなり10段を飛べないように、まず5段⇒6段⇒7段・・・とステップアップしていく過程の1部を読者さんにお見せ出来たのではないかと思います。

プロとして稼げるようになると、ついつい初心を忘れがちになってしまいます。跳び箱の5段を飛べるようになった時の感覚が遠い昔過ぎて明確に思い出せないのです。

だからこそ、初めて根拠のある設定狙いで設定6をツモった感想は貴重ですし、まだまだ伸びしろのある文章も非常に参考になると思います。

ネット上の情報を見ていると、いきなりスロットで月収50万円稼いだとか、月収100万円のスロプロとか、次元が違い過ぎて「あの人は天才だからだよ・・・」「自分にはセンスがない・・・」と感じてしまうこともあるかと思います。

あまり上を見過ぎずに、まずは跳び箱の5段から飛んでみませんか?

1から順序に従ってステップアップしてスロットで稼ぐ方法を、下記のメール講座でご案内していますので、現状を確実に1歩ずつ変えていきたい方は登録してみてください。

メール講座内では、平野さん以外のクライアントさんの成長過程なども紹介させていただいております。

メール講座 バナー