どうも、しばです。

電車内の向かい側の座席を見渡すと
全員がスマホを見ていました。

僕は電車に乗る機会が
月に1回あるかないかなので
その光景がかなり新鮮でした。

スマートフォンのおかげで
質の高い情報が簡単に手に入れられる今の時代は
本当に良い時代だと思います。

だけど情報が多すぎることによって
それが逆に弊害になっていることも
あるのではないか?と思っています。

ダイエットの情報でも
副業ビジネスの情報でも何でも良いですが
専門家やインフルエンサーの情報を見て

「Aさんは〇〇が正解だと言っている」

「Bさんは〇〇の逆が正解だと言っている」

「Cさんは〇〇が正解でも不正解でもないと言っている」

などを見てしまうと
何が正しいのかわからなくなることもあると思います。

この状態を僕は

「情報肥満」

という風に
勝手に名付けました。

情報過多になってしまい
何が正解かが分からないから
さらに情報を集めたくなって情報を集めても
より一層分からなくなって
行動出来なくなる状態です。

まさに肥満のように
どんどん膨れ上がってしまって
動きが鈍くなってしまったり
行動しにくくなってしまったりすることです。

現状を変えようと思ったら
必ず「行動」は必要な条件になります。

だからこそ
情報を集めるだけ集めて何もしない
というのは避けるべき事態です。

例えばビジネスの世界では

「量か?質か?」

という議論が頻繁に行われます。

そして成功者のAさんは量が大事だと言って
成功者のBさんは質が大事だと言うことがあります。

この場合は
僕はどちらも正解だと思っています。

そしておそらくですが
Aさんの背景として
ある程度は質の高いことが元々出来る人で
Bさんの背景として
ある程度は量をこなすことが元々出来る人なのではないか?と思っています。

つまり
自分が普通に出来てしまうことは
当たり前に感じてしまうので
そこに対する重要性を感じにくく
成功するために『その人が意識して』上手くいった方が
重要だと答えるのではないか?
と考えています。

どちらも正解であり
結局は人による問題です。

だからこそ
両方の情報を見てどっちが正解なのか?と
悩んでさらに情報を仕入れるのではなく
人による問題なのでまずは行動してみないと
その人にとっての正解は分からないと思います。

自己分析が出来れば
どこを改善していけば良いかが分かるので
すぐに行動しやすいと思います。

だけど自己分析が出来ずに
影響力のある人に素直に影響を受けてしまいがちな場合は

「量か?質か?」

どっちを意識して行動するかは
コインを投げて決めるレベルでも良いと思います。

量か?質か?を議論する前に
行動しなければ何も始まらないからです。

ここまでの話が
僕がスロットブログでアクセス稼ぎを辞めた理由の1つでもあります。

このブログも
以前は月間120万PVあり
多くの方に見ていただいておりました。

パチンコやスロットというジャンルの検索エンジンは
大手企業が参入しにくい性質を持っているので
ライバルが弱く個人がアクセスを伸ばしやすいです。

穴場キーワードも溢れるほどあります。

だからこそ
アクセスを集めるのはそこまで難しい話ではありませんでした。

スロットのハイエナを教えていたころは
得た情報をその日のうちに活かすだけで
結果や明確なリターンが得られやすい立ち回りだからこそ
アクセス稼ぎに走っても
読者さんが成果を出せるので特に問題はありませんでした。

しかしスロットの設定狙いを教えるとなると
得た情報をその日のうちに活かすだけで
結果や明確なリターンがすぐに得られるような立ち回りではないので
純粋にアクセスだけを増やすことに
違和感がありました。

アクセスを増やす記事をどんどん書いていっても
表面的には理解しても
成果が出ない読者さんが増えると思ったからです。

別の記事でも書きましたが
僕は

ハイエナ・・・サラリーマン、アルバイト
設定狙い・・・自営業、フリーランス

というイメージを持っています。

ハイエナの場合は情報肥満になる前に
成果や成功体験が得られやすいのですが
設定狙いの場合は
成果や成功体験が得られる前に
情報肥満になってしまいやすいのです。

例えば洞窟に迷い込んだとすると
ハイエナの場合は
「100m先に出口がある」ということを知った上で
行動出来るかどうか?を迫られます。

目の前に成果があるので
この場合だと行動しやすいですよね。

設定狙いの場合は
どこに出口があるのか分からず
そしてそもそも出口が存在するのか?という状態で
行動出来るかどうか?を迫られます。

そうなると

「出口がなかったらどうしよう」

「途中で大きな溝があって落ちるかもしれない」

などと考えて
目の前に明確な成果がないので
身動きが取りにくくなりますよね。

設定狙いでデータ収集をするとなった時に
目の前に成果がないので
ボーナス回数は取る?差枚は取る?回転数は取る?
いろいろ分からずにあれこれ調べていると
さらに分からなくなって
結局は行動しなくなってしまうことが
十二分にあり得てしまうのです。

だからこそ
設定狙いで読者さんに成果を出してもらおうと思ったら
どんどん質の高い記事をアップして
アクセスを稼ぐことに精を出すべきではない
と思いました。

(※今は記事を書いていますが
約1週間後に更新を止める予定です。)

それよりも
洞窟に迷い込んで出口が分からない読者さんの
コンパスとたいまつになって

「こっちが出口ですよ」

「あなたの行動は間違っていないですよ」

といった道しるべをしなければならないと思いました。

設定狙いは
サラリーマンやアルバイトではなく
自営業やフリーランスに近いからこそ
目の前に成果が見えず行動しにくいですが
道しるべがあれば行動しやすいですよね。

そのためには
対応時間が必要ですし
対応人数には限りがありますので
スロットブログでアクセス稼ぎを辞めることにしました。

僕はメール講座内で
設定狙いに関する有料商品を販売していますが
いろんな記事で

「無料の情報を見て稼げる方には必要ありません」

ということをお伝えしています。

なぜならば
設定狙いで稼ぐために必要最低限のノウハウが
無料で出回っていることは
ハッキリと分かりきっているからです。

無料の情報を見て
稼げるようになる人はそれで良いのです。

しかし情報肥満になってしまって
行動出来ない方もいるので
道しるべとしてサービスを提供しています。

正しい道しるべがなければ
どんどん不安が増して
不安を払拭するために調べるだけ調べて
最終的に行動しなくなってしまう方はめちゃくちゃ多いです。

学生時代も先生に言われました。

「参考書の浮気をするな」

と。

不安になると
別の参考書が魅力的に見えて
学校の図書室にある参考書などに
ついつい手を出してしまいたくなるものです。

複数の参考書をいろいろ見て
不安を払拭するために勉強しようと思っても
量が多すぎたり参考書毎に言っていることが違ったりして
最終的には身動きが取れなくなって
何も得られないという
最悪の状況が生まれます。

ノウハウコレクターというやつです。

これを避けるために
道しるべが必要です。

そして有料にすることで
読者さん側の「覚悟」にも繋がります。

ライザップで痩せることが出来る人が多いのも
お金を出しているために覚悟があり

「お金を払ったんだから成果を出さないと」

という気持ちになるから
といった側面が大きいです。

当事者に覚悟がなければ
教える側がどれだけ頑張っても
上手くいきません。

無料の情報だと

「別に無料だから出来なくてもいいや」

「無料でいつでも見れるからいいや」

となってしまって
いつまで経っても行動出来ない人は多いですからね。

僕が商品を有料にした理由の1つは
読者さん側目線で「覚悟料」が必要だと思ったからです。

後は自分を安売りせずに
きっちりとした料金設定にすることで
クレームが減るからです。

高級レストランよりも
格安の飲食店の方がクレームが多かったり
ネット上の無料の情報にも関わらず
いろいろとケチを付けるユーザーが多いのに似ています。

他人に何かを与えない人ほど
他人から何かを与えられることが当たり前になり
その状況に気付かないうちに甘えてしまっているので
WIN-WINの関係が生まれるとは思っていません。

実際に無料のコンテンツより
有料のコンテンツの方がクレームが少ないと
実感しています。

以上が
「情報肥満」という現代病に関する解説と
しばがアクセス稼ぎを辞めた理由です。

今はブログ記事を書いていますが
約1週間後にはブログ更新を停止して
記事を書く時間をメール講座の対応時間に割きます。

僕の考え方や
僕のコンテンツに興味がある方は
メール講座に登録してみて下さい。

これからの時代は
もっともっと情報が増えていって
何を信じて良いか分からない方が多くなるからこそ
信頼度が重要だと思っています。

SNSでも画像を加工するのが当たり前になっていて
そしてバレないような精工な技術も発明されていて
そんな情報がどんどん流れ込んでくるので
何が本当かが分からなくなっていますよね。

だからこそあえて僕のビジネス戦略を
包み隠さず正直にお伝えさせていただきました。

しば