期待値 サイコロ

スロットの世界で「期待値」と聞くと
何か専門的な感じがして
気が引ける人もいると思います。

数学確率の話が苦手な方にもわかるように
今回は「期待値」について
具体例のみでざっくりと説明します。

※注意事項

分かりやすく簡単に」を心がけていますので
期待値に関して理解のある方は
読み進める必要はありません。

明日は
この「期待値」を用いて
設定狙いにおける超重要な記事を公開予定ですので
そちらを楽しみにしておいていただければと思います。

スロットの「期待値」の概念が良く分からない方へ

すごろく

「人生ゲーム」や「すごろく」などのゲームを
やったことがありますか?

例えば「人生ゲーム」や「すごろく」で
あなたが止まったマスに
下記のように書いてあったとします。

会社の上司から
大きな仕事を任されました。

その仕事を受けるかどうかは
プレイヤーが選べます。

仕事を受ける場合はサイコロを振って
出目によって結果が変わります。

1,2,3,4・・・任された仕事が上手くいき
ボーナスとして5,000円もらう

5,6・・・任された仕事で失敗して
給料から8,000円が差し引かれる

何とも理不尽な話ですが
ゲームの話ですのでお許しください。

大前提として
サイコロの各出目が出る確率は同じで
イカサマなどはない状態です。

ゲームの最中に
このマスに止まったら…

「仕事を受けた方が良いのか?断ったほうが良いのか?」

を判断する材料になるのが
「期待値」という概念になります。

別の言い方をすると
仕事を受けるかどうか迷っている時に

平均的に考えると給料が上がるからチャレンジした方が良いのか?
平均的に考えると給料が下がるからスルーした方が良いのか?

を具体的な数値として
客観的に教えてくれるのが「期待値」になります。

これを計算すると…(計算過程はこの記事では知らなくても良いので省きます)

仕事を受けることで平均的に「+666.7円」になります。

つまり
平均的に考えると給料が増えます。

このゲームの中では
仕事を受けることで平均的に給料が増えるわけですから
仕事を受ける選択をした方が良いということです。

直観的かつ主観的には

「うわ。。。失敗したら8,000円も差し引かれるのか。。。」

とマイナスの印象が強いかもしれません。

しかし
客観的な事実を突きつけてくれるのが
「期待値」なのです。

「期待値」の概念が信じられない方へ

NO

先ほどの
仕事を受けるべきかどうか?の例の中でも

「そんなこと言っても
8,000円も減るのは嫌だから仕事を受けない方が良いだろう!」

と思う方もいるかもしれませんね。

では止まったマスが
下記のような内容だったらどうでしょうか。

会社の上司から
大きな仕事を任されました。

その仕事を受けるかどうかは
プレイヤーが選べます。

仕事を受ける場合はサイコロを振って
出目によって結果が変わります。

そして自分の気が済むまで
何回でも繰り返し同じ仕事を受けることが出来ます。

1,2,3,4・・・任された仕事が上手くいき
ボーナスとして5,000円もらう

5,6・・・任された仕事で失敗して
給料から8,000円が差し引かれる

1回単位で見たら8,000円マイナスは嫌かもしれないけど
割合的には5,000円プラスになる事の方が多いのです。

同じ条件で何回でも気が済むまでチャンスがあり
5,000円プラスになる事の方が多いのであれば

「やればやるほど良いのではないか?」

と思えてきませんか?

頭の中でイメージしてみてください。

「単純計算だと6回中4回は+5,000円になって
6回中2回は-8,000円になるよなぁ」
「ということは6回チャレンジすれば
+5,000円が4回で
そこから-8,000円が2回を引くと…
+4,000円かぁ」
「6回で+4,000円だから
12回で考えてみると?・・・
18回で考えてみると?・・・」
「回数を増やした方が儲かりそうだなぁ」

こんな【感覚】があれば良いです。

やればやるほど良いと思えるのならば
期待値に対する良い【感覚】をお持ちです。

「千里の道も一歩から」

やればやるほど良いと思えるならば
最初の1回目も当然やった方が良いですよね?

1回1回を積み重ねることで
「やればやるほど」という状況が生まれますから
最初の1回目をやった方が良いに決まっています。

パチンコやスロットで勝っている人は
この「期待値」の理論に乗っ取って
プラス収支を残しています。

プロがハイエナで期待値がプラスの台を何度も何度も打ったり
設定狙いで機械割が100%を超える台を繰り返し打ったりするのは
こういった理由があります。

「期待値」を理解しておかないと…

財布 万力

この記事で説明したように
「期待値」を理解しておかないと
初心者にありがちな

「稼ぎたいという気持ちによって収支を下げる行動を取ってしまう」

という事態に陥ってしまいます。

例えば…

「設定6確定が出て
夕方までに5,000枚出てくれたので
機械割的にヒキを使い切っていますし
ここから確率が収束して
マイナスになるのが嫌なので帰りました!」
「その日はハイエナで1台打っただけでプラス5万円になって
ここから収支を減らすのが嫌なので帰りました!」

などです。

「期待値」を理解していたら
期待値がプラスの台は「打てば打つほどほど良い」ということを
知っているはずなので
絶対にこのような行動にはなりません。

もし上記の例のようなことを
実際にやってしまっている方がいたら
よくよく聞いておいてほしいことがあります。

設定6確定で5,000枚出て帰ろうと思った人は

次の日に設定6があったら打ちますか?
1週間後に設定6があったら打ちますか?
1か月後に設定6があったら打ちますか?

おそらく全ての答えは「はい」だと思います。

ハイエナで一撃で大きく勝って帰ろうと思った人は

次の日にハイエナで期待値のある台があったら打ちますか?
1週間後にハイエナで期待値のある台があったら打ちますか?
1か月後にハイエナで期待値のある台があったら打ちますか?

おそらく全ての答えは「はい」だと思います。

確率の収束やヒキは
次の日になったら回復するような
ドラクエの宿屋システムではありません。

設定6もその日の閉店近くまで打った方が稼げますし
ハイエナもその日の1台目で大きく勝とうと
それからも期待値を探して台を打った方が稼げます。

それなのに
打たない方がいるのです。

これこそが

「稼ぎたいという気持ちによって
収支を下げる行動を取ってしまう」

という初心者にありがちな落とし穴です。

言い方を変えるならば

「ここから損をしたくない!」
「気持ちよく一日を終わりたい!」

といった感情によって
もっと稼げるはずの行動を抑制してしまっているのです。

次の日もその次の日も
期待値がプラスの台を打つわけなので
1日の中で大きく勝とうが大きく負けようが
稼ぐためには期待値がプラスの台を打ち続けるしかありません。

だからこそ
この記事を読んで「期待値」に対して
良い【感覚】を持っていただければと思っています。

この記事を読んでも
「期待値」について不明点があれば
お問い合わせをご利用ください。

改めてになりますが
明日は「期待値」を用いて
設定狙いにおける超重要な記事を公開予定ですので
そちらも合わせてみていただければと思います。