パチンコ専業 スロット移行

この記事は
スロットに詳しくないパチンコ専業パチプロ)の方
スロットに移行したりパチンコと併用して
スロット稼ぐためのものです。

時代の変化や地域差の影響を受けて
パチンコで積める期待値が減っていて
スロットの立ち回りも身に付けたい場合に
活用すべきパチンコの知識と
必要なことについて解説します。

時短してすぐにスロットの立ち回りを身に付けたいという
時間最優先のパチンコ専業の方
下記のメール講座に登録していただき
メールの返信にて
一言ご連絡を頂ければと思います。
メール講座 バナー

パチンコ専業(パチプロ)からスロットの立ち回りを覚える

この記事は
パチンコ専業の方を対象としていますので
細かい説明は省きます。

まず最初に
パチンコの稼ぎ方とスロットの稼ぎ方の対応関係は

【パチンコ】⇒【スロット】
良釘狙い⇒設定狙い
潜伏狙い⇒ゲーム数狙い(ハイエナ)

になります。

『良釘狙い』に対応する『設定狙い』が
パチンコ屋さんのビジネスモデルから考えた時の
スロットの稼ぎ方
になります。

『潜伏狙い』に対応する『ゲーム数狙い(ハイエナ)』が
機種や時代(規制)に依存する
スロットの稼ぎ方
になります。

活用すべきパチンコの知識

パチンコ玉

ここからは
パチンコ専業の方が
スロットの立ち回りを覚える時に
活用すべきパチンコの知識について
解説していきます。

スロットの立ち回り全般に使える知識

スロットもパチンコと同様に
「期待値」がプラスの台を打つことによって
稼ぐことが出来ます。

だからこそ
スロットの場合も同じように
期待値を稼ぐための

お店選び
日にち選び
機種選び
台選び

が重要になります。

ゲーム数狙い(ハイエナ)の場合に使える知識

ゲーム数狙いは『ハイエナ』と言うことが多いので
ハイエナで統一します。

ハイエナは潜伏狙いに対応するので
パチンコ専業の方からすると
あまり馴染みがないかもしれません。

ハイエナの中には

天井狙い
ゾーン狙い
リセット狙い
モード狙い
即前兆・即高確狙い
MB・CB狙い
ポイント狙い
有利区間狙い
CZ狙い
穢れ狙い

などの種類があります。

基本的には機種依存ですので
パチンコの止め打ちや捻り打ちのように
各機種の特徴を調べて把握する必要があります。

しかしハイエナで大きく期待値を稼ごうと思えば

リセット(前日の状態から変更)
or
据え置き(前日の状態を引き継ぎ)

を判断するのが最も重要になります。

リセットの場合には
リセットの立ち回りがありますし
据え置きの場合には
据え置きの立ち回りがあります。

リセットと据え置きの判別が出来なければ
ハイエナで大きく稼ぐことが難しくなります。

リセットと据え置きを判断するには
パチンコの縦の比較や横の比較が活用できます。

リセットと据え置きを判断することを
「リセット判別」と言います。

ハイエナで稼ぐために重要な
リセット判別については
下記の記事で解説しています。

オススメ記事
リセット判別まとめ

いろいろと調べていく中で
ハイエナに関する悩みがあれば
下記の記事を見ていただけると
解決するかと思います。

オススメ記事
ハイエナまとめ

設定狙いの場合に使える知識

設定狙いは良釘狙いに対応しているので
ハイエナよりもとっつきやすいかと思います。

設定狙いには
パチンコの「期待値と仕事量の関係」を
活かすことが出来ます。

詳しくは下記をご覧ください。

パチンコ専業の方であれば
とても理解しやすいと思います。

縦の比較と横の比較もそうですし
プロとして目立たないようにすることもそうですし
良い台を掴んだら朝一から閉店近くまで
フル稼働するのが基本なのもそうですし
いろんな知識が設定狙いに活用できます。

パチンコの知識を活かしつつ
設定狙いについて学びたい場合は
下記の記事のSTEP2以降をご確認ください。

必要なこと(パチンコとスロットの違い)

ボックス 1

パチンコとスロットは
似ている部分がとても多いですが
似て非なる部分もあります。

例えば
パチンコは大当たり確率が変動せずに回転数が変動して
スロットは回転数が変動せずに大当たり確率が変動するのが基本のため
パチンコの場合は釘
スロットの場合は設定が
お店側から見た時の利益調節部分になっていることが分かり
そこを狙っていくのは同じです。

しかし
パチンコの釘は外から見えますが
スロットの設定は外から見えません。

スロットの設定は外から見えないので
いくら筐体を眺めていても
良い台かどうかはさっぱり分かりません。

パチンコの場合であれば
外から見てある程度の釘を把握した後に
良い台かどうかの試し打ち(回転数チェック)をすることが可能です。

スロットの場合であれば
外から見てある程度の設定を把握できずに
良い台かどうかの試し打ち(設定判別)になってしまうので
とてもリスクが高いですよね。

そこで重要になるのがデータ収集になります。

お店の営業データというのは
お店側の営業方針を表した軌跡であり
その足跡をたどることによって
設定が入る可能性の高い機種や場所を
見抜くことが出来ます。

スロットの場合は
パチンコと違って外から見て設定が判断できないので
「見抜く力」によってある程度の設定を把握した上で
良い台かどうかの試し打ち(設定判別)が
基本形です。

そこが大きな違いになるかと思いますので
データ収集は間違いなく必要です。

スロットのデータ収集については
下記を参考にしてみてください。

改めてになりますが
とにかく時短してスロットですぐに稼ぎたい場合は
下記のメール講座に登録していただき
メールの返信にて
一言ご連絡を頂ければと思います。
メール講座 バナー