設定狙い 軍資金

スロット設定狙いをするには

軍資金いくら必要なのか?

ということが気にある方もおられると思います。

そして派生して

専業兼業で必要な軍資金に違いはあるのか?
Aタイプノーマルタイプ)やジャグラー少額で良いのか?

という風に考えたことはありませんか?

特にAタイプは少額で良いと思っている方は
この記事を読まないと
きっと後悔することになりますよ。

今回の記事では
設定狙いにおける軍資金の詳細について
解説していきます。

設定狙いに必要な軍資金はいくら?

貯金箱

設定狙いに必要な軍資金について
まずは『専業の場合』『兼業の場合』に分けて説明します。

専業の場合に必要な軍資金

専業の場合の軍資金に関しては
下記の記事で詳しく説明していますので
気になる方はご覧ください。

スロプロになるときに気になること①~出禁・軍資金・稼働日数~

兼業の場合に必要な軍資金

基本的に軍資金は
多ければ多いほど良いので
正解はありません。

ただし兼業の方の場合は
僕は読者さんに「最低でも10万円」
軍資金として用意していただくようにお願いしています。

今から設定狙いを始める方であれば
最初からそれくらいの軍資金がなくても問題ありません。

なぜならば
設定狙い初心者の場合は
最初はスロットを打たずにデータを集めたり
ホールリサーチしたりするまでに時間がかかり
序盤ではスロットを打つ余裕がないからです。

その間に
給料などから少しずつ軍資金に回して
徐々に軍資金を貯めていってもらっています。

「設定狙いで今すぐスロットを打ちたいよ!」

という風に考えておられる初心者の方は
きっとスロットで稼ぎたい気持ちより
スロットを打ちたい(楽しみたい)気持ちが強い方です。

そういう方は
設定狙いに手を出すべきではありませんし
いつまで経っても収支がプラスにならずに
気付たら軍資金が底をついてしまいます。

打てばプラスになるかもしれませんが
打たなければ絶対にマイナスにはなりません。

時間とお金が無駄になってしまうので
軍資金が足りない場合は
スロットを打たずに軍資金を貯めつつ
素直にホールリサーチなどに時間を割いた方が良いです。

当たり前ですが
初心者の方はスロットを打たなければ
『軍資金が貯まっていきます』し
設定狙いに必要なお店の情報も集まるし
良いことだらけです。

少しでも多く軍資金を貯めながら
設定狙いに必要な準備がしたい方は
下記をそのまま実行していただくと
約5万円ほどの軍資金が貯まります。

ネット初心者でも52,700円を稼ぐ手順

Aタイプ(ノーマルタイプ)やジャグラーの軍資金は少額で良い?

初見の方からの質問文の中で
たまに

「ジャグラーは軍資金が少なくても攻めることが出来るので…」
「Aタイプはリスクが少なくて安心なので…」

このような表現を見かけます。

気持ちは分からなくもないのですが
Aタイプ(ノーマルタイプ)やジャグラーの軍資金は少額で良い
という考え方は辞めた方が良い理由が3つあります。

Aタイプでも軍資金は少額ではダメな理由1:マインドがブレやすくなるから

お金 燃やす

設定狙い初心者の方は
知識も経験も不足しているので
プロに比べるとどうしてもマインドがブレやすくなります。

初めて設定狙いをしてみようとすると
プロに近づいた気がして
ワクワクして張り切ってしまうかもしれません。

仮にジャグラーの軍資金は少額でも安心だと思って
知識も経験も不足しているのに
朝一からジャグラーの設定狙いをしたとしましょう。

そして期待とは裏腹に高設定をツモれず
1日で2万円負けたとします。

〇軍資金が10万円の状態で2万円負けたら…

10万円⇒8万円(元本の80%まで減少)

〇軍資金が4万円の状態で2万円負けたら…

4万円⇒2万円(元本の50%まで減少)

どちらの方が
次回以降も落ち着いて冷静に稼働しやすいと思いますか?

少額の4万円からスタートして
1日目で残り2万円になってしまったら

「ヤバい…何とかして取り返さないと!」

という風に焦って
自分では冷静に台選びをしているつもりでも
実際は変な台を打つ人もいると思います。

「パチンコで一発逆転だ!」

という風にすぐに博打をしようとする人もいると思います。

そして1番怖いのは

「ここまで負けたら、まぁいっか」

とランナーズハイ的な
ルーザーズハイ(loser’s high)状態になってしまうことです。

ルーザーズハイというのは
僕が勝手につけた名前です。。。

スロッターの方であれば
1日の稼働で一気に-5万円になった経験もあると思います。

その時に

「-5万も-6万も変わんねぇわ!」

という風に自暴自棄になって
どんどん投資をしてしまったことはないですか?

これがルーザーズハイ状態です。

なぜルーザーズハイ状態になってしまうかというと
人間はそういう風に出来ているからです。

その証拠に
行動経済学の中では下記のような
「プロスペクト理論」の図が
人間の行動を表す代表格として
有名になっています。

プロスペクト理論

スロットを打ちに行った日の心理状態を思い出してみてください。

大半の人が

±0円⇒-1万円(損失は1万円)

-5万円⇒-6万円(損失は1万円)

どちらも同じ1万円の損失でも
後者の方がダメージが少ない気がしてしまうと思います。

これが

「ここまで来たら-5万も-6万も変わんねぇわ!」

というルーザーズハイ状態です。

それは人間として当たり前の反応です。

だからこそパチンコ・スロットで9割の人は負けてしまうわけです。

パチンコ・スロットで勝っている1割に入るには
人間として当たり前の反応を抑制しなければなりません。

感情に左右されないための工夫を
事前にしておかなければなりません。

改めて下記を比較してみて
自分がその状況の真っ最中であることを
リアルに想像してみてください。

〇軍資金が10万円の状態で2万円負けたら…

10万円⇒8万円(元本の80%まで減少)

〇軍資金が4万円の状態で2万円負けたら…

4万円⇒2万円(元本の50%まで減少)

元本が少ないことが
どれだけ感情的に悪影響を与えるか

ご理解いただけると思います。

だからこそ
Aタイプだろうと何だろうと
少額の軍資金はダメなのです。

Aタイプでも軍資金は少額ではダメな理由2:立ち回りは総合力だから

お金 育てる

朝一の1発目に座った台で勝負をすることだけが
設定狙いではありません。

設定狙いが上手い人ほど
常に安定した期待値が積めるように
朝一高設定を外した後のリカバリーとして
後ヅモやハイエナの可能性を考えています。

「家に帰るまでが遠足」

という言葉を聞いたことがあると思いますが

「家に帰るまでが設定狙い」

といった感じでしょうか?

(※実際は、家に帰って寝るまでですが
ここでは趣旨とは違うので省きます。)

朝一の設定狙いを外して
その台を見切った後に
ハイエナで高期待値の台を見つけるかもしれません。

設定6確定の台が空くかもしれません。

何があるか分かりません。

軍資金が少額だということは
それらを打つことで積めるはずの期待値が
積めない可能性が出てきます。

朝一大負けしたら
その段階で強制退場を食らってしまうかもしれません。

積めるはずの期待値をしっかり積んでこそ
安定したプラス収支が目指せます。

立ち回りは総合力であり
稼ぐためのスロットは1発勝負のような博打ではありません。

Aタイプでも軍資金は少額ではダメな理由3:そもそもAタイプの設定狙いは上級者向けだから

バスケットボール

設定狙い初心者が
1年経っても2年経っても
なかなか稼げるようにならない
大きな大きな落とし穴なのですが
そもそもAタイプの設定狙いは上級者向けです。

バスケットボールで例えるなら
初心者なのに3ポイントシュートばっかり狙っているようなものです。

本人からすると
3ポイントシュートに対する憧れやカッコ良さがあって

「3ポイントシュートを決めたい!」

という気持ちがあるかもしれません。

しかしバスケットボール経験者からすれば

「いやいや、まずはレイアップシュートからでしょ…」

となりますよね?

それと同じ感覚です。

本人からすると
ジャグラーの設定狙いに対する憧れやカッコ良さがあって

「ジャグラーをツモりたい!」

という気持ちがあるかもしれません。

しかし設定狙い経験者からすれば

「いやいや、まずはAT・ART機からでしょ…」

となる感じです。

Aタイプは軍資金が少額でも
攻めやすい気持ちになるかもしれませんが
それで今現在の成果が出ていないのであれば
そもそもその考え方によって
設定狙いのドツボにハマっています。

設定狙いで稼ぎたいなら…

設定狙いでなかなか成果が出ていない方は
今回の記事で分かったかもしれませんが
今現在あなたが持っている「常識」を疑い
「考え方」を変えていかなければなりません。

今現在の「常識」や「考え方」によって
成果が出ていない状況があるなら
その「常識」や「考え方」をずっと持っていても
いつまでもいつまでも設定狙いで稼げるようにはなりません。

パチンコ・スロットで稼ぐ1割の人は
周りの9割の人とは違う「常識」と「考え方」を持っています。

あなたの今現在の「常識」や「考え方」を激変させるために
大きく貢献することが出来るメール講座(超設定狙い講座)があります。

楽して稼ぎたい方はお断りしておりますが
設定狙いで稼ぎたいと本気で思っておられる方には
お力になれるはずです。

メール講座 バナー