スロプロ 稼働

スロプロになることを考えると

出禁になるリスクはあるのか?
軍資金いくら必要なのか?
稼働日数は何日必要か?平日土日の違いはあるのか?

など稼働をしていく上で
いろんなことが気になると思います。

不安がある場合は
この記事を読んで参考にして下さい。

スロプロは出禁になるリスクはあるのか?

出入り禁止

スロプロとして生計を立てていくのであれば
ホールから出禁を食らってしまうと
死活問題になります。

だからこそ
出禁についての不安を持っている方も
おられるかと思います。

(マナーを守れば)めったにない

スロプロとして出禁になることは
めったにありません。

仮に出禁になるとすれば
稼いでいるから出禁にするというよりは
周りのお客さんやお店に迷惑になるから
出禁にするくらいです。

例えば
周りのお客さんやお店に迷惑をかける代表格は

・掛け持ち遊技
・張り付き行為
・他のお客さんと店内で揉め事を起こす
・抽選時間や再整列を守らない

などです。

スロプロというのは
一般のお客さんやお店ありきで成り立っていますので

「おれ、すげーだろ」

という上からの立場ではなく

「稼がせていただきありがとうございます」

という下からの立場であるべきだと考えています。

その意識があれば

・掛け持ち遊技
・張り付き行為
・他のお客さんと店内で揉め事を起こす
・抽選時間や再整列を守らない

などの迷惑行為だけではなく

・朝の入場前に駐車場にタバコを捨てる
・店内で自分が出したゴミをそのままにする

などの行為もしないはずです。

特に僕のブログを読んでくださっている読者さんには
タバコやゴミをそのままにしてほしくないですね。

お店側は出禁にする「権利」がある

パチンコ屋さんの入り口や
店内の分かりやすい位置に

・18歳未満の入場禁止
・ハンドル固定遊技の禁止
・ゴト行為の禁止
・他店からの玉(メダル)の持ち込み禁止

などなど
いろんな注意書きが書いてある
貼り紙を見たことがあると思います。

そこに必ずといって良いほど書いてあるのが

「プロまたは当店がプロとみなしたお客様のご遊技の禁止」

という項目です。

実際に元ホール経営者に聞いたのですが
これを設置している理由は
ほとんどの場合が

「何かあった時に退場させることが出来る」

という保険的なものだそうです。

何かとは
マナー違反であったり迷惑行為などです。

このような注意書きがある上で
店側から退場を促されているのに
退店しなかった場合には
不退去罪として扱うことが出来るみたいです。

実際問題
プロを見つけ次第
全員を排除しようと思っても
どんどん新しいプロは入ってきますので
イタチごっこになります
プロがいてくれるお店は一般のお客さんも多い傾向にありますので
プロがいてくれることを容認しているお店もあります。

注意書きが貼ってあることによって
お店側は出禁にする「権利」があるということを知った上で
基本的なマナーを守っていれば
問題になることはほとんどありません。

しばの過去の経験談

僕自身は過去に1度だけ
店員さんから出禁を宣告されたお店があります。

大学を辞めて専業になってすぐに
ハイエナでメイン店舗として使っていたお店で
店員さんに直接言われました。

当時は専業になりたてでしたし
スロット歴は半年ほどで経験もなかったので
焦りました。

しかし逆に言うと出禁になったおかげで
追い込まれたので
たくさん勉強も行動もしました。

ピンチはチャンスの経験が積めたので
今となっては出禁にしてくれた店員さんに
感謝しかありません。

この話を元ホール経営者の方にお伝えしたら

「お店全体として出禁にしようとした意図はなく
現場の店員が個人的に嫌っていて
店員の自己判断で勝手に出禁を宣告したのでは?」

とのことでした。

この場合は抗議をすることで
出禁が無しになる可能性もなくはないと思います。

出禁になった経験はこのレベルしかありません。

知り合いのプロに聞いても
出禁になった話はほとんど聞きません。

とにかくマナーを守ることを徹底していれば
出禁のリスクはほとんどないと考えています。

スロプロになるには軍資金はいくら必要か?

財布

軍資金に関する質問は結構多いです。

軍資金は多ければ多いほど良いので
正解はありません。

質問が来た場合には
兼業なのか専業なのか?
ハイエナ中心なのか?設定狙い中心なのか?
によって回答を分けています。

今回は
専業についての記事ですので
専業に絞って解説します。

駆け出しの専業の場合

理由があって
急に専業になった場合だとしても
最低でも専業ならば10万円~20万円は欲しいです。

軍資金が10万円~20万円に満たない場合は
バイトをして軍資金を貯めつつ
設定狙いに必要なデータを集めることに時間を割くか
ハイエナ稼働1本に絞って軍資金を貯めつつ
店舗の状況把握に努めることがオススメです。

下記を利用すれば
5万円ほどの軍資金はネットから集めることが出来ます。

ネット初心者でも52,700円を稼ぐ手順

軍資金が10万円~20万円の状態から専業をスタートしたとしても
しっかり期待値を積み上げて
早めに軍資金に回せるお金を増やしたいです。

普通の専業の場合

長期的に専業を続けていく場合は
最低でも50万円は持っておきたいです。

常に50万円を持ち歩くというわけではなく
軍資金用のお金として
50万円分を確保しておきたいということです。

しっかり期待値を積んでいれば
ピン稼働で50万円がパンクすることはめったにありません。

ただし確率の世界の話なので
試行回数が増えれば増えるほど
確率の薄い所に遭遇してしまう可能性も増えていきます。

例えば
サイコロを振って
3の出目が5回連続で出ることは滅多にありません。

しかし毎日毎日サイコロを振ることばかりしていれば
そのうち3の出目が5回連続で出る所に遭遇する可能性も上がります。

このように
長期的に何年も専業を続けていくには
もしかしたら遭遇するかもしれない大きな確率のブレを
許容できる資金力が欲しいです。

「かもしれない運転」のように
細心の注意を払うことに損はありませんし
軍資金が多いに越したことはありません。

資金がパンクしてしまっては
元も子もありませんからね。

スロプロの稼働日数は?平日と土日の違いはあるのか?

カレンダー

ここでは
スロプロとして
専業でスロット稼働をする場合の
稼働日数について解説していきます。

スロプロの中でも
稼働日数は人によってかなり違います。

設定狙い専業だと土日休みの方が多い印象

設定狙い専業の場合だと
月曜日~金曜日までをメインに稼働して
土日を休みにする人が多い印象です。

土日を休みにする理由としては
土日は回収に走るお店の方が多いことと
土日は朝の並びが多くなる傾向にあるからです。

※もちろん土日に高設定をツモれるお店もありますので
自分の目で見極める必要があります。

それに
土日に稼働しても稼げるけど
土日も稼働してしまうと身体がもたないので
強制的に土日を休みにしている専業もいます。

後は
パチンコ専業なども土日を休みにしている人が
多い印象です。

ハイエナ専業だと平日休みの方が多い印象

ハイエナ専業の場合だと
土日の方が純粋に稼働率が上がるだけではなく
期待値を意識していない打ち手も増えるので
土日は確実に稼働をして
平日の中で自由に休みを取っている印象です。

ハイエナの場合は
基本的には設定1を前提に
期待値がある部分だけを打ちますので
曜日をあまり意識していない専業もいると思います。

最終的には自分次第

先ほど
設定狙い専業の場合と
ハイエナ専業の場合に分けて
基本的な解説をしました。

しかし
僕は設定狙いとハイエナの両刀を推奨していますし
地域差の影響もかなりありますので
一概に平日の方がどうとか
休日の方がどうと明言することは出来ません。

中には30日フル稼働する人もいますし
必要最低限の生活費を稼いだ後は
その月は全く稼働しない人もいます。

スロットに何をどこまで求めるかは
一人一人違いますし
目標なども人それぞれ違いますので
実際にデータを集めてみたり
稼働してみてたりする上で
自分に合った稼働スタイルを見つけるべきだと思います。

スロプロの生活関係について知りたい場合は…

今回は
スロプロとして気になることの中で
稼働に関係することについて解説しました。

スロプロとして気になることの中で
生活に関係することについて知りたい場合は
明日公開予定の記事で解説しますので
合わせてご覧ください。

出禁・軍資金・稼働日数に関する質問や
スロプロに関する質問がある場合は
メール講座に登録していただくと
優先的に対応が可能です。