スロットで稼ぐ バカにされる

パチンコスロット稼ぐ道は
世間一般からはなかなか理解されにくいです。

専業であろうと兼業であろうと
スロットの影響で人間関係の悩みを抱えることもあるかと思います。

今回は
友達同僚先輩家族など
周りの人たちにスロットで稼ぐことが
理解されない場合の対処法について
解説していきます。

スロットで稼ぐことは周りの人にバカにされる?

笑いもの

スロットで稼ぐことが
周りの人にバカにされるかどうかは
自分の環境次第で大きく異なってきます。

僕自身は
大学生の時にスロットで稼ぎ始めましたが
同じ学部の医学部の友達からは
結構バカにされたり笑われたりしました。

「期待値」自体は全員が高校で習っているので
軽く説明をしたら理解をしてくれる友達もいましたが

「パチンコやスロットをやっている」

という時点で稼いでいようと何であろうと
受け入れられがたいものがありました。

真面目な生徒が多いので
パチンコとスロットの違いを知らなかったり
ギャンブル自体に見向きもせずに否定する人も多いです。

しかし経済学部の友達は
同じように期待値を追って稼いでいる人たちがいたので
僕のことを受け入れてくれました。

経済学部の友達の1人は
大学時代に設定狙いメインで
代打ちを使って月収35万円以上稼いでいました。

その友達が友情出演してくれたスロット対談動画を
メール講座の特典にしていますので
興味のある方は登録してみてください。

改めてになりますが
医学部の友達からはバカにされることが多く
経済学部の友達からは受け入れられたように
本当に環境によって大きく異なると思います。

読者さんの中には
同じ会社の若い子らが「ヒキが大事」と言い張っていて
数の力で期待値理論が否定されるとか
稼いでいるとしても彼女に「ギャンブルは辞めて」と言われて
黙って稼働しているとか
いろんな状況の方がおられました。

周りの人に理解されない場合の対処法

ここからは
周りの人にスロットで稼ぐ道が
理解されない場合の対処法について
解説していきます。

結論としては

「理解されないものとして受け入れた上で対応する」

というのが大事だと思っています。

相手が

友達・同僚・先輩・後輩など
or
家族

によって
状況が変わると思っているので
別々に説明します。

相手が友達・同僚・先輩・後輩などの場合の対処法

あざ笑う人

まず最初に
友達・同僚・先輩・後輩などに理解されない場合についてです。

先ほどもお伝えしましたが
1番大事なのは

「理解されないものとして受け入れる」

ということだと思っています。

僕も以前は
周りの人に一生懸命説明して
理解してもらおうと努力した時期もありました。

しかし
熱弁したり正しいことを言ったりすればするほど

「この人は依存症だ。。。」
「スロットを打ちたい自分を正当化している」

という風に思われてしまいました。

説明すればするほど
相手との距離を感じ
相手がどんどん離れていくような感じがしました。

だからこそ

「理解されないものとして受け入れる」

ということが大事だと思いました。

そもそも
世間一般の認識では
スロットで稼げることが

「分からない」

「知らない」

という世界なので
聞く耳を持ちたくなかったり
否定したくなったりするのは当然と言えば当然です。

自分の常識の中に
異物が入ってくる感覚がありますからね。

しかし常識というものは
多数派が作り上げるものであり
常識が正解か不正解かは全く別の話です。

例えば
天文学者のニコラウス・コペルニクスは
地動説(太陽の周りを地球が回っているという説)
を唱えた人物ですが
当時の主流は
天動説(地球の周りを太陽が回っているという説)
でした。

今でこそ
太陽の周りを地球が回っていることは
ほぼ全員が認知しています。

しかしそれを知らなかったとしたら
冷静に冷静に考えた時に
普通は地球の周りを太陽が回っていると思うはずです。

自分達は止まっているのに
空を見たら
時間が経過するにつれて
明らかに太陽が動いているように見えるからですね。

当時の人からすると
地動説は受け入れられがたかったはずです。

当時の主流は天動説でしたので
多数派による常識ではあったかもしれませんが
それが正解ではなかったということになります。

一般の方からすると
スロットで稼ぐ道は

「分からない」

「知らない」

という常識ではない世界の話なので
受け入れられがたくて当然です。

最初から理解されがたいことが分かっているので
わざわざ話さなくても良いと考えています。

もちろんスロットで稼ぐ道が
一般論で正解か?不正解か?なんてありませんが
あなたの人生にとっての正解なのであれば
相手に理解されない場合に
わざわざ説得する必要はないと思っています。

オススメは
同志と交流を持つことです。

例えば会社でゲーム好きが理解されなくても
会社以外のところでゲーム仲間がいたら楽しかったり
居心地が良かったりすると思います。

そんな感じで
スロットで稼いでいる同志がいると
気が楽になると思います。

お問い合わせから
僕に連絡を下さっても良いですし
ツイッターなどで同志を探しても良いと思います。

相手が家族の場合の対処法

離婚

相手が家族になると
少し話が変わってくるかと思います。

友達・同僚・先輩・後輩などに理解されなくても
その人たちとスロットの関わりを持たなければ
問題になる事はないと思います。

しかし相手が家族であれば
理解されないからと言って放っておくと
問題になってしまう可能性もありますよね。

仮に稼いでいたとしても
ギャンブルで稼いでいることによって
世間体で家族に迷惑をかけることもあると思います。

単純に家族の中の誰かが
パチンコやスロットを嫌っているために
家庭内が険悪なムードになってしまうこともあると思います。

家族には切っても切り離せない繋がりがあるからこそ
一般論では語れない難しい話題です。

家族の中でも
相手がパートナーなのか?親なのか?子供なのか?によって
変わってくると思いますし
一人一人の状況によって全く対応が違うと思います。

完全にスロットを辞めた方が良い人もいるかもしれません。

家族に黙り続けた方が良い人もいるかもしれません。

途中まで黙っておいて
ある程度まとまった貯玉が出来たら
現金にして稼いでいる証拠として提出することで
依存症になったわけではないと安心してもらって
解決する方向に向かう人もいるかもしれません。

お互いが妥協をして折り合いを付けた方が良い人も
いるかもしれません。

本当に一人一人違うと思います。

スロットの立ち回りの相談ではなく
スロット絡みの人間関係の相談は
なかなか出来る相手がいないと思いますので
何かあればお問い合わせを活用して
僕までご連絡を頂ければと思います。