パチンコスロット
遊技している方であれば

47枚貸し
47枚交換
等価
非等価

などの文言を
聞いたことがあるかと思います。

今回は
大半の方が間違っている
「47枚貸し」や「等価」
の意味について解説したいと思います。

「47枚貸し等価」に対する勘違い

coin

これは僕自身も
勘違いしていたことなのですが
「47枚等価」とは

47枚貸しで47枚交換

のことだと思っていました。

実際に僕が
パチンコ・スロットを
始めたころには
そのように書いていたサイトが
非常にたくさんありましたし
「等価」とは価値が等しいことだから
何の迷いもなく
そのようなものだと
思い込んでいました。

しかし先日
以前からお世話になっている
業界関係者の方から
47枚貸しは50枚貸しより良い?悪い?
↑コチラの記事に対して
ご指摘をいただきました。

「等価」「47枚貸し」について

sponsored link

実際に指摘していただいた内容で
重要な部分が下記になります。

等価とは通常

5枚交換(50枚交換)

という意味です。

つまり「47枚貸し等価」とは

47枚貸しの50枚交換

を意味することになります。

※48枚・49枚も同様

47枚貸し47枚交換のお店は存在しないのか?

slot-lever

風営法には
遊技料金に関して

・パチンコ 1玉4円を超えないこと

・スロット 1枚20円をこえないこと

というルールが
定められています。

そのため
47枚貸し47枚交換ということは
1000円で47枚借りて
47枚で1000円と交換できるため
1枚あたり「21.27円」となってしまい
1枚20円を超えてしまうことになります。

つまり
風営法に反してしまうので
47枚貸し47枚交換は
存在してはならない

ということになります。

このことから
期待値に関しても
ご意見をいただきました。

交換は上限で
20円イコール5枚交換しか
存在していないはずですので
(例として
47枚貸しの47枚交換が存在しない以上)
貸玉料金が高いからと言って
期待値が50枚貸し50枚交換の店よりも
高くなることはありません。

自分自身も47枚等価では
1枚当たりのコインの価値が上がるため
50枚等価のお店よりも
期待値が高くなると
勘違いしておりました。

なぜ47枚貸しが生まれたのか?

ここからは少し専門的な話になりますが
ご意見をいただきました。

もともと
完全等価である「5枚貸しの5枚交換」が
消費税を取っていないので問題となり

さらにホール側も
将来的に消費税が10パーセントになる
という話があるため
完全等価ではキツイということで
それらの問題を詰めていき

・内税(例として47枚貸し)
・外税(例として5.2枚交換)

のどちらでも良いので
各ホールがどちらにするかを選択して
消費税を取りなさい
ということになったみたいですね。

※地域の結束の強いところは
「(内税の場合)一律で47枚にしましょう」
というので成り立っているようです。

完全等価では
消費税に関する問題が出てくるから
換金率・交換率に
動きが出ているということですね。

ちなみに
その消費税の問題からか

「等価交換」という文言自体が
行政から現状止められている
ので
ホール側が
「等価交換」と謳っているとしたら
そもそも問題です。

打ち手サイドが
勝手に浸透しているのが
実際のところだと思います。

ということも聞かせていただきました。

確かにホールによっては
店員さんと話していて
店員さんの口からついポロッと
「等価交換」という言葉を
聞くこともあるかもしれません。

ただしお店が
店の中のチラシなどで
ハッキリと謳うことは
NGということですね。

そういったルールが
あるにも関わらず
これだけ「等価」や「47枚貸し」に対して
勘違いが広まっていっているのは
プレイヤー同士の会話の中で
普通に出てくる単語であり
それが広まっていっているのが
原因の一つかもしれません。

※補足

組合を脱退したホールや
アウトサイダー的なホールでは
この辺のルールを
若干曖昧に扱っているところも
あるかもしれないということでした。

ただし万が一そういうホールがあっても
行政指導や注意を受ける可能性が
あるみたいですね。

まとめ

コイン

今回
勘違いしやすい点としては

・47枚貸しの等価とは、47枚貸しの50枚交換のこと
・47枚交換は原則存在しない

が挙げられるかと思います。

基礎知識として
今後の立ち回りの
参考にしていただければと思います。

※2017/11/3追記

ご意見をいただきました。

風営法にかんしては
改定がされた事はしりませんでしたが
改定のきっかけは今回の
消費税を取りなさい的な話からの事が
きっかけで行われたのだと思います。

エリアによっては
組合がいくつかにわかれていたりして
そもそもの話が伝わっておらずに
特定ホール、もしくは特定地域
(あそこも47枚貸し47枚交換やってるからウチもやろう的な)事が
あるという事だと思われます。

そもそもの話は
通常県の組合に
各都道府県警察本部より通達なりがあり
それを各都道府県の組合が
各ホールにメールやfaxで通達する流れだけど
組合(全日遊連系)には
非加盟のホールもあるので
そのようなホールは知らんふりかもしれません。

また、各所轄警察署も
交換率の問題には
直接の指導をやりにくいという面は
あるでしょうから
他のホールから指摘があっても
二の足を踏むことが考えられます。

交換問題はグレーな部分が多いので。

なので、実際にそのようなホールが
指摘を受けていないというのが現状かと思います。

ただ、前にも伝えたように全国的に見れば
47枚貸し47枚交換は
少数派だということは
間違いありません。

意外に多いとしたら
東京あたりが、1番その辺りが
中途半端になっているのかもしれません。

ちなみに
埼玉・千葉は2017年10月現在
非等価に完全に移行がされていない
とういう事が関係しているかと思います。

どちらにしても、関東圏は遅れているのでしょう。